フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

コスパ最悪なのは? アーセナル年俸ランキング1〜10位。活躍と金額が見合っていないのは?

シリーズ:年俸ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

4位:マルティン・ウーデゴール(ノルウェー代表)

アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール
【写真:Getty Images】


生年月日:1998年12月27日
推定年俸:1450万ユーロ(約20.3億円)
23/24リーグ戦成績:33試合8得点8アシスト

 4位には1450万ユーロ(約20.3億円)の年俸を受け取るノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールがランクインした。

 2021年冬にローン移籍でアーセナルに加入したウーデゴールは、その半年後に完全移籍で正式にガナーズ(アーセナルの愛称)の一員となった。ピエール・エメリク・オーバメヤンが主将を剝奪されて以降からは新主将に就任し、持ち前のリーダーシップで平均年齢が若いチームを牽引している。

 このノルウェー代表MFは中盤でゲームを作る能力からファイナルサードでの仕上げ、そしてアーセナルの代名詞でもある連動したハイプレスのどれにおいても欠かせない存在だ。どちらかと言えば技巧派のタイプでありながら守備強度も兼ね備えている選手は少なく、稼働率も高いことからその希少価値は極めて高い。常に戦力として計算できる選手の1人であり、昨年9月には2028年夏までの長期契約を結んだ。チーム4位の1450万ユーロ(約20.3億円)の年俸も納得だろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top