フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

コスパ最悪なのは? リバプール年俸ランキング1〜10位。活躍と金額が見合っていないのは?

シリーズ:年俸ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

リバプール最新ニュース

「年俸」はサッカー選手を評価する指標の一つだ。世界的名門リバプールで最も高額な給与を手にしているのは誰なのか。今回はリバプール所属選手の年俸ランキングを紹介する。※推定年俸は『Capology』を、スタッツは『transfermarkt』を参照。金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


10位:ドミニク・ソボスライ(ハンガリー代表)

リバプールのソボスライ・ドミニク
【写真:Getty Images】

生年月日:2000年10月25日
推定年俸:725万ユーロ(約10.6億円)
23/24リーグ戦成績:31試合3得点2アシスト

今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 ハンガリー代表のドミニク・ソボスライは、オーストリアのザルツブルクで成長し、2021年からドイツのライプツィヒで活躍して評価を高め、昨年夏に7000万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールに加入した。

 187cmの長身で、中盤から前線に顔を出すプレーが得意なソボスライは、得点関与も魅力だ。リバプールでは開幕戦から先発出場すると、攻守に見事な存在感を放ち、プレミアリーグでは第10節までフル出場を続けた。23歳の若手でありながらシーズン序盤戦で衝撃を与え、7000万ユーロという移籍金の価値がある選手であることは証明されたと言えるだろう。

 ただ、2024年に入ってからは、ややペースダウンしている印象がある。2月に負傷離脱しただけでなく、最近はパフォーマンスが落ちている様子だ。その影響か、ユルゲン・クロップ監督はリーグ戦直近5試合で4回はベンチスタートとしている。また、過去2シーズンはブンデスリーガで6得点8アシストを記録していたことを考えると、今季のプレミアリーグで2得点3アシストというのは、少し物足りないかもしれない。

 それでも、ソボスライは今季のリバプールにおける中盤の主力の1人だったことは確かだ。好調時のパフォーマンスを継続できるようになれば、もっと高い給料をもらっても不思議ではない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top