フットボールチャンネル

コスパ最悪なのは? マンチェスター・ユナイテッド年俸ランキング5位。輝きはどこへ? 21億受け取るも不発続き

シリーズ:年俸ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

「年俸」はサッカー選手を評価する指標の一つだ。世界的名門マンチェスター・ユナイテッドで最も高額な給与を手にしているのは誰なのか。今回はマンチェスター・ユナイテッド所属選手の年俸ランキングを紹介する。※推定年俸は『Capology』を、スタッツは『transfermarkt』を参照。金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


5位:メイソン・マウント(イングランド代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:1999年1月10日
推定年俸:1511万ユーロ(約21.2億円)
23/24リーグ戦成績:13試合1得点0アシスト

今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 年俸1511万ユーロ(約21.2億円)で5位にランクインしたのはメイソン・マウントだ。マウントは現在25歳という年齢ながら十分な実績を誇る選手である。ユース年代からプレーしたチェルシーでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、イングランド代表の将来を担う存在と目されていた。

 2023年夏に新天地を求めてライバルクラブであるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決断し、クラブからは大きな期待とともに迎え入れられた。それは高額な年俸のみならず、彼に投じられた6420万ユーロ(約89.9億円)の移籍金や、デビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドらが背負った伝統の背番号7を託されたことからもうかがえる。

 だが“赤い悪魔”での初年度は、その期待に応えているとは言えないだろう。負傷により長期の離脱を強いられ、復帰後も先発出場は無く、チェルシー時代に見せた圧倒的なパフォーマンスを取り戻せてはいない。ここまでリーグ戦13試合出場1得点0アシストの成績にとどまり、ほとんど得点に関与できていない状況だ。

 現状、高額な年俸に見合った活躍ができていないマウントであるが、クラブと結んだのは2028年6月までの長期契約だ。クラブとしても来シーズンこそ本調子を取り戻してもらい、マウントの不良債権化を何としても避けたいところだろう。

【関連記事】
コスパ最悪なのは? マンチェスター・ユナイテッド年俸ランキング1〜10位 全選手紹介
コスパ最悪なのは? マンチェスター・ユナイテッド年俸ランキング1位
コスパ最悪なのは? マンチェスター・ユナイテッド年俸ランキング2位

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top