フットボールチャンネル

「最終的に彼を下げたことが…」遠藤航の重要性を再認識!英メディアが痛感、途中交代後に失点で痛恨ドロー【海外の反応】

text by 編集部 photo by Getty Images

リバプール最新ニュース

リバプールの遠藤航
【写真:Getty Images】



遠藤航、アストン・ヴィラ戦で評価高まる

 プレミアリーグ第37節、アストン・ヴィラ対リバプールの試合が現地時間13日に行われ、試合は3-3の引き分けに終わった。この試合で先発出場を果たしたリバプールに所属する日本代表MF遠藤航は76分に途中交代したが、評価が高まっている。英メディア『リバプール・エコー』が報じた。


今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 試合開始して2分に相手のオウンゴールで幸先よくリードするが、12分にアストン・ヴィラのユーリ・ティーレマンスに同点ゴールを決められてしまう。それでも23分にコーディ・ガクポがゴールを決めて再び勝ち越すと、48分にはジャレル・クアンサーがヘディングシュートを決めて点差を広げた。76分には遠藤に代わり、ドミニク・ショボスライが投入される。すると、85分と88分に失点し、相手に追いつかれて3-3の引き分けに終わった。

 この試合を振り返り、同メディアは「ユルゲン・クロップ監督は一気に4人を交代させたが、最終的に遠藤の交代が、リバプールが苦労して勝ち取るはずだった勝利を奪った」と分析。遠藤については「前半は最高のプレーはできなかったが、後半はリバプールが主導権を奪い返す上で重要な役割を果たし、前半にますます無防備になっていた守備陣をしっかりとカバーした」と評価している。そして、今後に向けては「最後の一歩を踏み出し、チャンピオンへの挑戦者として最後まで戦い抜くために、リバプールは基本に立ち返る必要がある。つまり、新たな背番号6として認知されている、この選手から始まるということだ」と、リバプールにアドバイスした。今季終了後に監督交代するため、遠藤の移籍が噂されているが、改めて遠藤の重要性が浮き彫りとなっている。

【関連記事】
クロップ体制最強は? リバプール歴代スタメン&フォーメーション。激動と栄光の9年間
【遠藤航・現地取材コラム】今までとは違う新しいアンカー像。「他のチームでは…」リバプールが求めるミッション
給料高すぎ!?リバプール、年俸ランキング1~10位

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top