フットボールチャンネル

「来シーズンはレアル・マドリードだ」ラ・リーガ会長がエムバペの加入をフライング発表!? 「もし彼が5年契約を…」

text by 編集部 photo by Getty Images

パリ・サンジェルマン 最新ニュース

ラ・リーガのハビエル・テバス会長

【写真:Getty Images】



ラ・リーガのハビエル・テバス会長

 ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、パリ・サンジェルマン(PSG)を今シーズン限りで退団するフランス代表FWキリアン・エムバペについて言及し、来シーズンからレアル・マドリードに加入することを認めた。アルゼンチンメディア『オレ』が、現地時間14日に報じている。


PSG参戦の欧州CLはWOWOWで全試合独占配信中!
初回1ヶ月無料でお得に観られるWOWOWに加入[PR]

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催されるイベントに出席するため、同国を訪問しているテバス会長がインタビューに応じ、驚きのコメントを発した。エムバぺに関する質問を投げ掛けられると、「来シーズンはマドリーだ」と断言した。続けて、「エムバぺは世界でもトップクラスの選手の一人。すでに、ヴィニシウスやジュード・ベリンガムがいるから、マドリーは、素晴らしいチームになるだろう。もちろん、優勝を保証する訳ではない」と強調した。

 また、「エムバぺが今まで勝ち取れなかったUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のタイトルを取るために、マドリーに行くのか」との記者からの問いには、「もし彼が5年契約を結んでいれば、タイトル獲得には5回もチャンスがある」と返答。モナコでもPSGでも届かなかった欧州一の称号は、契約を締結すると見られる5年のうちに取れるとの見解を示した。

 さらに、6月1日にイングランドのウェンブリーで行われる欧州CL決勝、ドルトムント対レアル・マドリードについても言明。「レアルが、この歴史的な一戦の勝利を手中に収めていると言える。なぜなら、毎シーズン、彼らは成功を遂げているからだ。ときには勝つことができないこともある。だが、必ずと言っていいほど、勝利している。これはラ・リーガのレベルの優位性を示すものだ」と自身が会長を務めるリーグの高さを誇らしげに語った。

 エムバぺは、レアル・マドリードへの移籍が既定路線と考えられているが、現時点で正式な発表は本人からもマドリーからもない。ラ・リーガのテバス会長が今回、公にコメントしたことで、双方が去就について発表する可能性も考えられる。ウェンブリーで開催の欧州CL決勝後に声明が出されるという報道もあるが、ラ・リーガのトップに立つ人物による”フライング発言”により、エムバぺのマドリー移籍がいよいよ現実味を帯びてきたと言えるだろう。

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top