フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

23/24シーズンのMVPは誰!? 欧州日本人、活躍度ランキング1〜10位。世界に衝撃を与えたのは?

シリーズ:欧州日本人活躍度ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

 ヨーロッパでは、2023/24シーズンが終了したリーグも出てきた。今季も多くの日本人選手が欧州を舞台にプレーしたが、その中で最も印象的なパフォーマンスをみせたのは誰なのか。今回は、欧州クラブに所属する日本人選手の活躍度をランキング形式で紹介する。(成績は『transfermarkt』を参照)


10位:小川航基

NECナイメヘンに所属する小川航基
【写真:Getty Images】

生年月日:1997年8月8日
所属クラブ:NECナイメヘン(オランダ)
23/24リーグ戦成績:31試合11得点1アシスト

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 各世代別のサッカー日本代表を経験してきた小川航基は、横浜FCに在籍していた2022シーズンにJ2の得点王となり、昨年夏にオランダのNECナイメヘンに加入した。ヨーロッパ1年目で2桁得点を達成したことは、見事な成果である。

 開幕戦から2試合連続得点で最高のスタートを切った小川は、レギュラーの座を勝ち取り、コンスタントにゴールを決めた。今年2月4日のヘラクレス戦では、ストライカーらしいニアへの動き出しで味方のクロスを呼び込みヘディングでゴールを決めるなど2得点を記録し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

 最終節のアルメレ戦でもゴールを決めた小川は、リーグ戦でチーム最多タイの11得点を記録した。カップ戦を含めると15得点で、NECの得点源として充実の欧州1年目を過ごしている。

 NECは、3月に小川を横浜FCから完全移籍で獲得することを発表した。2022/23シーズンのオランダ1部リーグで12位だったことを考えると今季の6位は大きな進歩であり、小川が当たり補強だったことは間違いない。小川自身は3月におよそ4年ぶりとなるA代表招集を受けており、ヨーロッパ移籍により代表復帰を勝ち取ったと言える。クラブにとっても本人にとっても良い移籍だったはずだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top