フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

Jリーグ移籍の可能性も!? 今夏に無所属となった欧州日本人選手6人。新天地を探している最中なのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

DF:浦田樹(うらた・いつき)

浦田樹
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年1月29日
前所属:マリボル(スロベニア)
23/24リーグ成績:18試合0得点1アシスト

 東京五輪世代の浦田樹は、2018シーズン限りでギラヴァンツ北九州を退団してから海外挑戦を決断。これまでヨーロッパではウクライナ、クロアチア、スロバキア(3週間で契約解除)、スロベニアの4ヵ国でプレーしている。

 彼が最もインパクトを残したのがクロアチア1部のヴァラジュディンに在籍していた期間だろう。およそ2シーズン半で公式戦63試合に出場し、同リーグの日本人歴代最多出場記録を更新した。

 2023/24シーズンはスロベニアで最多優勝を誇る強豪マリボルへと移籍。当時はJリーグでお馴染みのミハエル・ミキッチがアシスタントコーチを務めており、左SBのレギュラーに定着していたが、10月に成績不振に伴いダミル・クルズナル監督が解任されると雲行きが変わる。

 選手時代にブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でプレーしたことがあるアンテ・シムンザ監督の下で徐々に出場機会を減らすと、3月29日に行われた第28節以降は一度も出場機会が訪れなかった。1年契約だったためそのまま退団となり、今夏に再び新天地を探すことになる。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!