フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

Jリーグ移籍の可能性も!? 今夏に無所属となった欧州日本人選手6人。新天地を探している最中なのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:森岡亮太(もりおか・りょうた)

森岡亮太
【写真:Getty Images】


生年月日:1991年4月12日
前所属:シャルルロワ(ベルギー)
23/24リーグ成績:20試合0得点0アシスト

 2015/16シーズンの冬の移籍市場でポーランドのシロンスク・ヴロツワフに移籍した森岡亮太は、それ以降ヨーロッパでキャリアを歩んできた。

 2017年夏にワースラント=ベフェレンへと移籍して以降はベルギーでプレーしており、ジュピラー・プロ・リーグでは通算171試合出場26得点40アシストを記録。出場試合数、得点数、アシスト数のすべてで歴代日本人のトップに立っている。

 2018/19シーズン途中から所属していたシャルルロワでは長らくチームの心臓としてプレー。しかし、2022/23シーズンから負傷の影響で徐々にプレータイムが減っており、2023/24シーズンはリーグ戦とプレーオフを合わせて1得点にも絡むことができなかった。

 現在33歳とベテランと呼ばれる年齢に差し掛かっている森岡に対してシャルルロワ側は契約延長オファーを提示せず、2023/24シーズン終了後に契約満了に伴い退団が決定。地元メディア『Sudinfo』の取材に応えた森岡は「ヨーロッパに残りたいという思いはあるが、キャリアを続けるには自分のフィジカルコンディションが理想的でないことは自覚している」と発言。欧州に残る選択肢と自らのフィットネスコーチがいる日本でキャリアを続ける選択肢があることを明かした。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!