新着記事一覧

レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄

セレッソ大阪監督レヴィー・クルピに聞く、アタッキングフットボールの真髄(前編) 2012.12.22

セレッソ大阪の攻撃サッカーはいい意味で不安定だ。大負けするときもあるが、はまれば圧倒的な攻撃力で相手をねじ伏せる。何より彼らのサッカーは自由で、それ故に多くの人を魅了する。決して潤沢な予算を持たないセレッソはいかにして攻撃のマインドを築き上げたのか。アタッキングフットボールの真髄に迫った。

田中順也が語るFWの個人戦術

柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(前編) 2012.12.22

近年複雑化する戦術を機能させるには「インテリジェンス」が選手に求められる。監督の理論を深く理解し、それを自分のプレーと結びつけなければならない。柏レイソルのFW田中順也はそれができる選手の1人だ。智将ネルシーニョの練りに練られた戦術をピッチ上で体現するインテリジェント・ストライカーに話を聞き、その類稀なる戦術眼に迫った。

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化

ガンバ大阪のチームメートが体感する、背番号7の進化(前編) 2012.12.22

『明神智和、加地亮、中澤聡太、武井択也の証言』
遠藤とともにガンバ大阪で中盤を形成する明神智和と武井択也、99年ワールドユースでも一緒にプレーした同期の加地亮、そして現在CBとして遠藤の背中を見続ける中澤聡太らが、進化を続ける遠藤保仁を分析する。

編集長植田の「○○では読めない話」

明日の天皇杯はここに注目!!【編集長植田の「○○では読めない話」】 2012.12.22

明日はいよいよ天皇杯の準々決勝。4試合が1日で行われます。テレビ観戦する人は大変です。何せ、13時から17時、18時から22時と1時間の小休止を挟んで、4試合ぶっ続けで放送されます(BS1)。Fチャン編集長・植田より、その準々決勝の見所をお伝えします!

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(後編) 2012.12.21

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

アンドレア・ピルロ 天才レジスタの「戦術眼」

アンドレア・ピルロ 天才レジスタの「戦術眼」(前編) 2012.12.21

『新生ユベントスを操るマエストロのプレービジョンを聞く』
ゲームの先を読み、長短のパスを自在に操る希代のレジスタが理想とするサッカーとはどのようなものか? また、そのプレー理論とはいかなるものなのか? 天才の戦術眼についてたっぷりと話を聞いた。翻訳:宮崎隆司

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか? 2012.12.21

今週21日に発売される『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』の制作より、こぼれ話をひとつ。
本誌掲載の企画「鹿島アントラーズとの幸福な関係 ―内田篤人がいた4年半―」。

ファビオ・カペッロ「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」

ファビオ・カペッロ「英国のフットボールはもはや、発祥地のそれにあらず」(後編) 2012.12.21

『名将ファビオ様の視座』
元指揮官に問う母国のフットボールとプレミアリーグ。およそ4年間にわたりイングランド代表監督を務め、長く見続けてきたイングランドのフットボールについて、ファビオ・カペッロはどのように捉えているのだろうか。ロシア代表監督就任直後の氏に話を聞いた。翻訳:宮崎隆司

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(前編) 2012.12.20

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由【フットボールサミット第10回】 2012.12.20

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』が、いよいよ12月21日発売です!! 本誌では、内田選手の人気の秘密を探るために、ファン座談会を開催。その座談会の模様を一部お伝えしようと思います。ウッチーにハマった女性3人が、テンション高く語ります!

新着記事

↑top