分析コラム

マンチェスター・ユナイテッド

マンUが強い! 指揮官が「悪夢のような存在」と評価した男、3得点に共通したものとは?【分析コラム】

プレミアリーグ第32節、マンチェスター・ユナイテッド対バーンリーが現地時間18日に行われ、3-1でホームチームが勝利している。ユナイテッドはこれでリーグ戦5連勝。なぜこんなに強いのか。(文:小澤祐作)

バルセロナ

バルセロナはなぜここまで大勝できたのか。意味のあった45分間の0-0、メッシをより輝かせた存在とは?【分析コラム】

コパ・デル・レイ決勝戦、アスレティック・ビルバオ対バルセロナが現地時間17日に行われ、0-4で後者が勝利。3年ぶり31回目の制覇となった。前半は0-0と点を奪うことができなかったバルセロナだが、なぜ最終的にここまでの大差がついたのだろうか。(文:小澤祐作)

0416Arsenal_getty

アーセナルはなぜ快勝できたのか? アルテタ監督のゲームプラン遂行に不可欠だったMFの万能性【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スラヴィア・プラハ対アーセナルが現地時間15日に行われ、0-4で快勝したアーセナルが準決勝進出を決めている。負傷者を多く抱える中で、ミケル・アルテタ監督は左サイドバックにグラニト・ジャカを起用。中盤を本職とする元主将のプレーは、アーセナルに安定感をもたらした。(文:加藤健一)

0415RealMadrid_getty

レアル・マドリードの対応力は凄まじい。“塩漬け”ではなかった0-0の90分間、リバプールとの差は…【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプール対レアル・マドリードが現地時間14日に行われた。1stレグを3-1で勝利していたレアルは0-0のスコアレスドローに持ち込み、準決勝進出を決めている。リバプールも多くのチャンスを作ったが、レアルの試合巧者ぶりが光った試合だった。(文:加藤健一)

アーセナル

アーセナル、オーバメヤンの立場はますます怪しい? 野獣のような19歳FW躍動、アルテタ監督の判断は…【分析コラム】

プレミアリーグ第31節、シェフィールド・ユナイテッド対アーセナルが現地時間11日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。公式戦4試合未勝利だったアーセナルだが、ようやく良い形で白星を奪うことに成功。久々の先発出場となったガブリエル・マルティネッリも結果を残している。これにより、エースの立場はますます怪しくなるかもしれない。(文:小澤祐作)

久保建英

久保建英が報われない世界線。理想と現実の板挟み、早すぎた交代の理由は?【分析コラム】

ラ・リーガ第30節、ヘタフェ対カディスが現地時間10日に行われ、0-1でヘタフェは敗れた。久保建英は先発出場したものの、後半開始からわずか6分で交代。ホセ・ボルダラス監督は久保のパフォーマンスを評価しているが、それが報われる試合はなかなか訪れない。(文:加藤健一)

0409Xhaka_getty

アーセナルはなぜ1点を守り切れなかったのか。最後に出た甘さ、ジャカを激怒させた小さなミスとは?【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ準々決勝1stレグ、アーセナル対スラヴィア・プラハが現地時間8日に行われ、1-1の引き分けに終わった。決定機を外し続けたアーセナルは86分にようやく先制。しかし、ダビド・ルイスやキーラン・ティアニーを欠く守備陣は、その1点を守り切ることができなかった。(文:加藤健一)

20210408_cl_getty

ムバッペはほぼ無敵アイテム。「世界最高峰の戦い」でPSGにあってバイエルンになかったものは?【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、バイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマンが現地時間7日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。PSGはシュート31本を放たれながらも、なんとか逃げ切りに成功している。攻守に強力な個があったからと言えるのかもしれない。(文:小澤祐作)

0407Fabinho_getty

リバプールは手遅れだった。封じられたファビーニョ、なぜレアル・マドリードに主導権を握られたのか?【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、レアル・マドリード対リバプールが現地時間6日に行われ、3-1でレアルが勝利した。公式戦3連勝と復調の気配を見せていたが、CL3連覇を成し遂げたレアルに主導権を握られた。(文:加藤健一)

新着記事

↑top