ジョー・ウィロック

グラニト・ジャカ

アーセナル自滅。屈辱のホーム4連敗でエメリ解任時を想起…ジャカの愚行が破滅への引き金に?【分析コラム】

現地13日にプレミアリーグ第12節が行われ、アーセナルはバーンリーに0-1で敗れた。グラニト・ジャカが愚かな暴力行為で退場処分を受け、キャプテンはオウンゴールで決勝点を献上。あまりに散々な敗戦に、不穏な空気を感じた。ミケル・アルテタ監督の時代は終焉に向かいつつあるのだろうか。(文:舩木渉)

ジョー・ウィロック

アーセナルに希望の星が続々。リーグ戦出場ゼロ、生え抜きの若手が躍動。全得点に絡む大活躍【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節が現地5日に行われ、アーセナルはモルデに4-1で勝利を収めた。逆転での勝ち点3獲得に大きく貢献したのは、今季のプレミアリーグで一度もピッチに立っていない生え抜きの若手MFだった。(文:舩木渉)

ジョー・ウィロック

アーセナル、“Bチーム”の完勝に重要な意味あり? 5分で決着…若手やサブ組がチャンスに奮起【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節が現地29日に行われ、アーセナルはアイルランド王者のダンダークに3-0で快勝した。ミケル・アルテタ監督は普段出番の少ない選手たち中心のメンバーを送り出したが、彼らは見事に起用に応えるパフォーマンスを披露した。この試合の采配から、今季のアーセナルにおけるチーム作りの方向性が見えてきそうだ。(文:舩木渉)

1024ozil_getty

エジルとアーセナルの苦悩。もどかしすぎる…一貫性なきエメリ監督は逃げるべからず【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

メスト・エジルは今季、アーセナルで不遇の時を過ごしている。ここまでリーグ戦の出場は1試合、わずか71分のみ。ウナイ・エメリ監督はダニ・セバジョスやジョセフ・ウィロックを起用し、エジルを実質的な構想外としている。しかし、エジルを起用しないエメリの発言を辿っていくと、指揮官のプランは一貫性を欠いていると言わざるを得ないだろう。(文:粕谷秀樹)

20190903_england_getty

プレミアリーグ、世界注目の若き主力5人。最強リーグでスタメンの座を争う若者たち【編集部フォーカス】

今シーズンもプレミアリーグが開幕した。多くのトップタレントが最高のパフォーマンスを披露しており、今季のリーグは混戦になりそうだ。下位クラブも資金力があり、次々と大型補強を敢行する影響で、イングランド地は間違いなくチーム内の選手同士の競争でいうと世界屈指の環境だ。そんな難しいリーグにもかかわらず、何名かの可能性を感じさせる若手選手たちが、虎視眈々と実績ある選手たちからスタメンの座を奪おうとしている。そこで今回は今シーズン、ブレーク必至のトップレベルの若手選手たちを紹介していく。(文:プレミアパブ編集部)

新着記事

↑top