ヘップ・グアルディオラ

0101Busquets_getty

いつも世界最高クラスがいる。グアルディオラが最重要視するポジションとは?【ペップ流4番の役割・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「フェルナンジーニョの役割」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編(文:リー・スコット )

1228PepCity_getty

グアルディオラのプレッシング最新バージョンは? マンチェスター・シティで遂げた進化とは【プレッシングの進化・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「プレッシング」の章より一部抜粋で公開です。(文:リー・スコット)

1228PepBarca_getty

グアルディオラが与えた衝撃、「5秒ルール」が変えた世界。その構造とは?【プレッシングの進化・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「プレッシング」の章より一部抜粋で公開です。(文:リー・スコット)

1227Cancelo_getty

マンチェスター・シティにデ・ブライネがもう1人。特別な資質を持つSBが得点力不足解消のカギに【分析コラム】

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・シティ対ニューカッスル・ユナイテッドが現地時間26日に行われ、2-0でシティが勝利を収めた。シティは直近3試合で2得点と攻撃陣が停滞していたが、4試合ぶりに複数得点をマーク。ゲームメイカーとしての才能を発揮する26歳が、得点力不足解消のカギになるかもしれない。(文:加藤健一)

ペップ・グアルディオラ

マンCはなぜ得点できない? ペップの答えは…。元マンU守護神に奪われた重要な“勝ち点2″【分析コラム】

現地15日にプレミアリーグ第13節が行われ、マンチェスター・シティはウェストブロムウィッチと1-1で引き分けた。前節のマンチェスター・ダービーに続くドローだが、意味するものは全く違う。山ほどチャンスを作りながら、シティはなぜ追加点を奪えなかったのか。そして勝ちきれない試合が多い現状を選手たちや監督はどう捉えているのだろうか。(文:舩木渉)

ジョン・ストーンズ

「金返せ!」とはならない、白熱のマンチェスター・ダービー。マンC、ストーンズに完全復活の兆し【分析コラム】

現地12日にプレミアリーグ第12節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが0-0のドローを演じた。静かに白熱したダービーマッチで目立ったのは、シティのDFジョン・ストーンズの充実ぶりだ。26歳になったイングランド代表センターバックは自信を取り戻し、長引いたコンディション不良から復調しつつある。(文:舩木渉)

オターヴィオ

マンCが“塩漬け”にされた理由とは? ポルトがドロー&決勝T進出で手にした莫大な「収穫」【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節が現地1日に行われ、ポルト対マンチェスター・シティはスコアレスドローに終わった。互いに引き分けでも問題ない状況ではあったが、終わった後に得られる成果は対照的だった。ポルトはホームでガチガチに守りを固める戦い方を選んだのには、はっきりとした理由がある。(文:舩木渉)

1122GuardiolaMourinho_getty

いかにもグアルディオラらしい負け方。モウリーニョの思う壺、マンチェスター・シティは不完全なまま【分析コラム】

プレミアリーグ第9節、トッテナム対マンチェスター・シティが現地時間21日に行われ、2-0でトッテナムが勝利を収めた。シティは66.1%のボール保持率を記録しながら、DFラインの裏を取られて2失点。クラブはペップ・グアルディオラとの契約を2023年夏まで延長したが、同じような負け方を繰り返すのは相変わらずだ。(文:本田千尋)

シティの新たな顔になる男とは? CFコンバートで輝く20歳フェラン・トーレス、3戦連続ゴールで見せる能力の高さ【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節、マンチェスター・シティ対オリンピアコスが現地時間3日に行われ、3-0でシティが勝利した。3試合連続ゴールでシティを3連勝スタートに導いたフェラン・トーレスは、ストライカーの不在というピンチを救う活躍を見せている。(文:加藤健一)

1018Guardiola_getty

アーセナルは赤子扱いだが…マンCは成熟か退化か。師弟対決完勝も、グアルディオラが放棄したもの

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティ対アーセナルが現地時間17日に行われ、1-0でシティが勝利した。シティは前半、圧倒的なボール保持率で攻め続けたが、後半は相手にボールを持たせる時間も長かった。ペップ・グアルディオラ監督が就任して5年目を迎えたシティは過渡期に入っているのかもしれない。(文:本田千尋)

1004Guardiola_getty

マンCはなぜ勝てない? リーズに圧倒され11位低迷。就任5年目のグアルディオラに訪れた試練

プレミアリーグ第4節、リーズ・ユナイテッド対マンチェスター・シティが現地時間3日に行われ、1-1の引き分けに終わった。リーズのソリッドな守備とカウンターに苦しめられたシティは、3試合を終えて勝ち点4の11位とスタートダッシュに失敗している。監督就任5年目を迎えたペップ・グアルディオラのチームが苦しむ原因はどこにあるのだろうか。(文:加藤健一)

ジェイミー・ヴァーディー

ヴァーディーがマンCを粉砕。33歳になっても進化止まらず…レスターを5点快勝に導く大活躍

プレミアリーグ第3節が現地27日に行われ、マンチェスター ・シティはレスターに2-5で敗れた。ペップ・グアルディオラ監督にとっても指導者キャリア初の5失点大敗。しかも3本のPKを与える散々な内容だった。この試合で違いとなったのは、レスターをけん引するベテランストライカーだった。(文:舩木渉)

0922ManCity_getty

マンチェスター・シティのお家芸炸裂。災いを転じて福と為す、新戦力と20歳の新司令塔がキーマンに

プレミアリーグ第2節、ウォルバーハンプトン対マンチェスター・シティが現地時間21日に行われ、1-3でシティが勝利を収めた。この試合が開幕戦となったシティは多くの負傷者を抱える苦しい台所事情だったが、難敵ウルブズを相手に得点を重ねた。(文:加藤健一)

0919Thiago_getty

リバプールに加入、チアゴとは何者か? まさに優勝請負人、グアルティオラの愛弟子をクロップはどこで起用するのか?

リバプールは現地時間18日、バイエルン・ミュンヘンからチアゴ・アルカンタラを獲得したことを発表した。今季の欧州王者から昨季の王者への移籍を決断したチアゴとはどのような選手なのか。そして、欧州とプレミアリーグで頂点に立ったリバプールではどのように起用されるのか。チアゴの生い立ちとプレースタイルを紹介するとともに、リバプールでの起用法を予想する。(文:加藤健一)

0908ManCity_getty

マンCが狙う最大の補強は? ナタン・アケとフェラン・トーレスはどう起用されるか【プレミアBIG6補強戦略(5)】

今夏は昨年までの移籍市場とは状況が違う。新型コロナウィルスの影響で、財政難に苦しむクラブが多く、売りたいチームが多い一方で、買い手側のクラブで資金が潤沢なのはごく一部。そのため多くの交渉が非常に難しい状況になっている。あるいは資金を準備できず、トレードでの移籍も増えそうな夏でもある。一方で補強の動きを止めれば、チームの新陳代謝が止まってしまう。各クラブ工夫を重ねて強化を成功させようとしている。そんな特別な夏におけるプレミアリーグBIG6の補強はどうなっていくのだろうか。今回はマンチェスター・シティを解説していく。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top