ヘップ・グアルディオラ

Fch図版_fch

「ところが一転、驚愕の変貌を遂げた」。川崎フロンターレ、“止めて蹴る”の終焉…開幕戦で披露した姿とは?【データアナリストの眼力(3)】

“異端のアナリスト”庄司悟は3/8発売の『フットボール批評issue31』で、J1・J2・J3全クラブのコンセプトを信条である「一枚の絵」で浮かび上がらせた。今回は発売に先駆けてJ1開幕戦(川崎フロンターレ対横浜F・マリノス)を「一枚の絵」で示しつつ、早くも王者フロンターレの2021年度版コンセプトを暴いてみせた。連載全3回、今回は第3回。(文:庄司悟)

ジョアン・カンセロ

マンCの“新たなラーム”がボルシアMGを破壊。ペップの魔改造で超進化、ジョアン・カンセロが止まらない【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦1stレグが現地24日に行われ、マンチェスター・シティがボルシアMGを2-0で下した。快勝劇の主役は左サイドバックのジョアン・カンセロだ。ペップ・グアルディオラ監督から特殊な役割を与えられた26歳はチームの絶好調を象徴する存在となっている。(文:舩木渉)

0208Alisson_getty

リバプール、悪夢再来の要因は…。なぜマンCに大敗した? 蘇る3年前の記憶、GKアリソンのミスを誘発したグアルディオラの策略【分析コラム】

プレミアリーグ第23節、リバプール対マンチェスター・シティが現地時間7日に行われ、1-4でシティが勝利を収めた。なかなか調子の上がらないリバプールはGKアリソンのミスから2点を献上。前半は拮抗した展開だったが、ペップ・グアルディオラの修正力がシティに勝利を手繰り寄せた。(文:加藤健一)

0204Guardiola_getty

グアルディオラはなぜ勝ち続けるのか? 9連勝で首位キープ、マンCの古典的なスタイルが廃れない理由【分析コラム】

プレミアリーグ第22節、バーンリー対マンチェスター・シティが現地時間3日に行われ、0-2でシティが勝利を収めた。序盤戦は苦しんだシティも、リーグ戦13戦無敗と9連勝で首位に浮上。監督就任5年目のペップ・グアルディオラが率いるチームはさらなる高みへと到達しようとしている。(文:加藤健一)

20210127_gundogancancelo_getty

ギュンドアンが得点王でカンセロが司令塔!? 11連勝絶好調のマンCに一体何が起きているのか【分析コラム】

現地26日にプレミアリーグ第20節が行われ、マンチェスター・シティはウェストブロムウィッチ・アルビオンを5-0で退けた。公式戦11連勝&18戦負けなしのシティが、ついにプレミアリーグの順位表でトップに立っている。ウェストブロムウィッチ戦では絶好調なチームを象徴する2人の選手が輝きを放った。(文:舩木渉)

ルベン・ディアス

マンCの背番号3は「スーパーマン」。心技体全てが超高水準、9連勝絶好調のチームを統率【分析コラム】

現地20日にプレミアリーグ第1節の延期分が行われ、マンチェスター・シティはアストン・ヴィラを2-0で下して公式戦9連勝を飾った。絶好調な要因の1つは守備の安定にある。それをもたらしたのは今季新加入のポルトガル代表DFルベン・ディアスだ。(文:舩木渉)

0118Stones_getty

マンチェスター・シティの“疑似パワープレー”が持つ破壊力。美しく相手を叩きのめすその威力とは?【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティ対クリスタル・パレスが現地時間17日に行われ、4-0でシティが快勝した。

0101Fernandinho_getty

その「4番」は何を求められている?“黒い技巧”で悪名高い存在に…マンCに不可欠な男とは【ペップ流4番の役割・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「フェルナンジーニョの役割」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット )

新着記事

↑top