U24spain国際成績
【写真:Getty Images】


 U-24日本代表は3日、埼玉スタジアム2002で行われる東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・準決勝で、U-24スペイン代表と対戦する。ここでは、U-24スペイン代表の国際大会での歴史を振り返る。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スペイン代表が初めて五輪に出場したのは、1920年のアントワープ五輪。アントワープ五輪は、スペイン代表は2回戦でベルギー代表に敗れたが、決勝戦途中でチェコスロバキア代表が試合を放棄。そのため、決勝戦後に順位決定戦が行われ、最終的には2位となっている。

 6回目の出場となったバルセロナ五輪から、23歳以下の制限が設けられた。自国開催となったこの大会では、グループリーグ3戦を無失点で1位通過。準々決勝では、宿敵U-23イタリア代表を1-0で下し、準決勝のU-23ガーナ代表戦は2-0で勝利。5試合無失点の鉄壁の守備で決勝に進出した。決勝では、U-23ポーランド代表との打ち合いを制し、3-2で五輪初優勝。ペップ・グアルディオラやルイス・エンリケといった若きスターを擁したU-23スペイン代表は、年齢制限が設けられた五輪の初代王者となった。

 3大会連続出場となった2000年のシドニー五輪には、バルセロナで長きにわたって活躍することとなるシャビ・エルナンデス、カルレス・プジョルらを擁して臨んだ。2勝1敗でグループリーグを突破し、準々決勝でU-23イタリア代表を1-0、準決勝ではU-23アメリカ合衆国代表を3-1で下して決勝に進出している。2大会ぶり2度目の金メダルまであと一歩に迫ったが、PK戦の末にU-23カメルーン代表に敗れ、銀メダルとなった。

 そして、11回目の出場となった今大会は、ペドリやウナイ・シモンといった直前に行われたユーロ2020(欧州選手権)に出場したA代表の6名が参加するも、苦戦を強いられている。グループリーグでは1勝2分の1位で通過。31日に行われた準々決勝は、後半アディショナルタイムに追いつき、延長戦の末に辛くもU-23コートジボワール代表に勝利した。そして今夜、決勝進出をかけてU-24日本代表と対戦する。

【了】

新着記事

↑top