冨安健洋

日本代表

ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に【どこよりも早い採点】

1月17日、AFCアジアカップ2019・日本対ウズベキスタンの一戦が行われ2-1で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

塩谷司

塩谷逆転弾でアジアカップ3連勝。ウズベキスタン破り首位通過、次戦カタールorサウジ中東勢と激突

日本代表は17日、AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第3節でウズベキスタン代表と対戦した。

日本代表

オマーン戦、勝利も厳しい採点しかできない内容に。“大迫の代役”も見つからず【どこよりも早い採点】

1月13日、日本対オマーンの一戦が行われ1-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本代表、またも薄氷の勝利。オマーン戦1-0で決勝T進出もアジア杯は難敵の連続

日本代表は13日、AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第2節でオマーン代表と対戦した。

190110_daihyo3_getty

日本代表、苦戦を招いた6つの要因。反省点ばかりの初戦、“自作自演”の逆転勝利【西部の目】

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。最終的に3-2と勝利したものの、先制を許す展開を強いられている。特に前半は低調だった。(取材・文:西部謙司【UAE】)

日本代表

トルクメニスタン戦、不甲斐ない前半に大きな課題。白星発進もアジアの怖さ痛感【どこよりも早い採点】

1月9日、日本対トルクメニスタンの一戦が行われ3-2で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

大迫勇也

日本、下克上は何とか許さず! 127位トルクメニスタンに冷や汗も…逆転白星発進

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019・グループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。

塩谷司

森保J、鍵を握る塩谷司の起用法。中東を知り尽くす男がアジア杯で救世主となるか

アジアカップ初戦を9日に控える日本代表は、6日にようやく全員揃っての初めての練習を行った。クラブでのリーグ戦出場のために合流が遅れていた選手たちや、追加招集の面々もチームに加わった。中でも注目すべきは、3年ぶりのA代表招集となった塩谷司の存在だ。(取材・文:舩木渉【UAE】)

新着記事

FChan TV

↑top