田坂和昭

0109Oita_getty

大分トリニータ、5年間の歴代フォーメーション。悪夢のJ3転落からV字回復、スタイルを育んだ片野坂監督の手腕

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、大分トリニータの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

清水エスパルス

清水エスパルス、5年間の歴代フォーメーション。クラブ史上初のJ2降格を経験。抜け出せない暗いトンネル

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっていることがわかる。今回、フットボールチャンネルでは、清水エスパルスの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

田坂和昭

福島ユナイテッドが挑んだ「3.11」開幕戦。「福島に来たら福島の人間」、田坂監督が見せた涙の意味

福島ユナイテッドFCは、3月11日という特別な日に2017年のJ3開幕戦に臨んだ。東日本大震災から6年。被災地に本拠地を置くクラブとして果たすべき役割とは、そして復興のためにサッカー界にできることとは。監督や選手たちの熱い想いを受け取り、「3.11」とその後について改めて考えさせられる一戦となった。(取材・文:舩木渉)

【英国人の視点】「戦うことすらせずに…」。初降格の清水、破滅への道を辿った1年半

【英国人の視点】「戦うことすらせずに…」。初降格の清水、破滅への道を辿った1年半

また1つ、Jリーグ創設メンバーが降格を余儀なくされた。来季、クラブ史上初めてJ2での戦いが決まった清水エスパルスだが、1年半前の指揮官交代が崩壊の始まりだった。その道のりと要因を振り返る。

大分トリニータ、2015補強診断。策士・田坂監督の手腕に期待。ストロングポイントである前線を活かせるか

大分トリニータ、2015補強診断。策士・田坂監督の手腕に期待。ストロングポイントである前線を活かせるか

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は昨季J2で7位に終わった大分トリニータを占う。

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

2014年のJ2リーグは全体の4分の3余りを消化。いよいよラストスパートが問われる季節になってきた。「最初からスパート」状態だった湘南が早くも昇格を決める一方で、2位以下は予断を許さない状況が続いており、下位の攻防も熾烈だ。そこで「J論」では、J2の幾つかのクラブにフォーカス。そのラストスパートを展望するために打った術策に注目する。今回は6位・大分の名物番記者・ひぐらしひなつ氏に、ジェットコースターのような九州の雄の「2014」を語ってもらった。

20140301_tasaka_mtk

大分トリニータ、2014補強診断。継続性は維持、チーム力向上に求められる田坂監督のマネジメント力

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、田坂体制4年目、1年でも復帰を目指す大分トリニータを占う。

財政危機の大分はクラブを存続させることができるのか。青野社長が語る再生への道

財政危機の大分はクラブを存続させることができるのか。青野社長が語る再生への道

大分トリニータのJ2降格が決まった。同時に話題にのぼったのが財政危機だ。債務超過を解消できなければ「クラブ消滅」という最悪の事態にもなりかねない。青野社長はどのような再生への青写真を描いているのか。

20131013_ooita2_mtk

感動的な勝利で昇格するもわずか1勝で降格決まった大分。J1昇格プレーオフは正しかったのか?

大分トリニータのJ2への降格が決まった。わずか1勝。厳しいプレーオフのトーナメントを勝ち抜いたが、力及ばず、早々に降格。果たして6位のチームが勝ち上がる可能性が今後もあるJ1昇格プレーオフは正しかったのか?

新着記事

↑top