なでしこリーグ

リオ五輪まであと1年。世界王座奪還へ、次世代を担う9人の“ネクストなでしこ”たち

リオ五輪まであと1年。世界王座奪還へ、次世代を担う9人の“ネクストなでしこ”たち

準優勝に終わったカナダW杯は閉幕したばかりだが、次に向けた戦いはすでに始まっている。8月には東アジア杯、そして1年後にはリオデジャネイロ五輪が控えている。そこで今回は、次世代のなでしこジャパンを支えるであろう9人の“ネクストなでしこ”たちを紹介する。

20150214_hasegawa_getty

日テレ・ベレーザMF長谷川唯が感じた“世界レベル”。ドイツ強豪クラブの練習参加で得たものとは

皇后杯を制した直後、日テレ・ベレーザのMF長谷川唯はドイツの強豪クラブから練習参加のオファーを受けた。チームではすでに中心選手として活躍している18歳のホープは、現地で自分の持ち味を出し、課題も見つけてきた。

岡山湯郷、急増GK奮闘も皇后杯敗退。背番号は手書き、その理由とは

岡山湯郷、急造GK奮闘も皇后杯敗退。背番号は手書き、その理由とは

ベガルタ仙台レディース対岡山湯郷Belleの試合で本来DFの選手がGKとして先発出場した。珍しい事態だが、日本女子サッカー界でフィールドプレーヤーがGKを務めるのはこれが初めてというわけではない。今回のケースの背景を三つの理由から探る。

新着記事

FChan TV

↑top