「『見る眼がない』と散々に言われた」。当時の育成担当者語る、本田圭佑がガンバユースに上がれなかった理由

本田のサッカー人生における最初の大きな挫折として、ガンバユースに昇格できなかった事実がある。ジュニアユース時代、常に天才・家長昭博が隣にいた。本田には何が足りなかったのか、そしてどう覚醒していったのか。(取材:2012年8月)

2014年01月15日(Wed)11時43分配信

text by 飯尾篤史 photo Kenzaburo Matsuoka , Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , ,

【フットボールサミット第8回】掲載

「圭佑が来たときのことも、正直、あまり印象に残っていないんですよ」

 かつては宮本恒靖、稲本潤一、大黒将志。近年では家長昭博や安田理大、宇佐美貴史ら、数多くの日本代表選手を育成してきたガンバ大阪のアカデミー。本田圭佑もまた、このクラブの門を叩き、ジュニアユースの一員として中学時代を過ごしている。

 しかし彼は、ユースに昇格することが叶わなかった。それは本田のサッカー人生で最初に迎えた大きな挫折だったかもしれない。本田はなぜ、ガンバ大阪から去らなければならなかったのか……。

 JFAハウス9階、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)。ここに、中学時代
の本田を知る人物がいる。

 上野山信行、55歳――。

 09年からJリーグ技術委員長を務めている彼は、92年から96年までガンバ大阪の初代ユース監督として、“育成大国ガンバ”の礎を築いた人物だ。

 本田がジュニアユースに在籍していた頃には、育成担当部長や育成・普及部長としてアカデミー全体を統括する立場にいた。

 上野山が本田のことを初めて知ったのは、彼が小学6年生のときのことだ。ふたりを引き合わせたのは、上野山と旧知の間柄だった摂津2中サッカー部の顧問、田中章博先生(現摂津4中校長)である。

 当時、本田の兄、弘幸が摂津2中のサッカー部でプレーしていて、本田は小学4年生の頃から兄にくっついて来て、中学生の練習に混ぜてもらい、そこで田中の指導を受けていた。

「それまで圭佑のことは知らなかったし、圭佑が来たときのことも、正直、あまり印象に残っていないんですよ。というのも、圭佑と同い年にアキ(家長)がおりましたから。アキは小学生の頃から名が知れ渡っていて、大阪の指導者仲間はみんな『家長はすごい』と騒いでいて、ガンバとしても『なんとしてでも家長を獲れ』という話をしていた。

 一方、圭佑はまったく噂に上がっていなかった。田中先生から紹介されて初めて会って、『上手いやないか、じゃあ、獲ろうか』という程度。『ぜひとも』という感じではなかったですね」

1 2 3 4 5 6

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top