マンU、パス本数で圧倒も決定機の回数で下回りドロー。チームの完成度はまだまだ未熟。香川は次戦カップ戦で出番か

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・ユナイテッドはアウェーでサンダーランドと対戦して1-1の引き分け。ルイス・ファン・ハール監督が導入した新システムは機能せず、苦しい船出となった。そして、香川真司は開幕戦に続いて出場機会を得られなかった。

2014年08月25日(Mon)10時25分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

負傷者続出のユナイテッド。サンダーランドに1-1

 開幕2試合を終えて1分1敗。大きな期待を持ってスタートしたファン・ハール体制の船出は予想以上に厳しいものとなった。

 ホームでスウォンジーに敗れてから約1週間後に迎えた第2節、マンチェスター・ユナイテッドはサンダーランドのホーム、スタジアム・オブ・ライトに乗り込んで今季初勝利を目指した。

マンU、パス本数で圧倒も決定機の回数で下回りドロー。チームの完成度はまだまだ未熟。香川は次戦カップ戦で出番か
開幕戦を欠場したロビン・ファン・ペルシーは先発に復帰【写真:Getty Images】

 ラファエウ、ルーク・ショー、マイケル・キャリック、ジョニー・エヴァンス、アンデル・エレーラ、マルアン・フェライニ、ジェシー・リンガートと計7人もの負傷者を出しているユナイテッドだが、開幕戦を欠場したロビン・ファン・ペルシーは先発に復帰。新加入のマルコス・ロホは欠場となった。

 ユナイテッドは、昨シーズンのサンダーランドとのアウェー戦ではアドナン・ヤヌザイの2ゴールで2-1と勝利。さらに12-13シーズン、11-12シーズンともに1-0で制しており、敗戦は96-97シーズンまで遡るだけに、苦手意識は持っていないはずだ。

 そして、この試合でも前半17分にアントニオ・バレンシアのクロスからフアン・マタが先制点を獲得。開幕戦では追いかける展開だっただけに、早い時間帯でのゴールで攻守ともに落ち着きを得られるかと思われた。

 しかし、同30分にジャック・ロドウェルに同点ゴールを決められてしまう。その後は両者ともに得点を挙げることは出来ず、1-1のまま試合終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top