アギーレ監督、練習試合2-0勝利も得点不足に怒り「オコッテイマシタ」

2015年01月04日(Sun)22時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アギーレ監督、練習試合2-0勝利も得点不足に怒り「オコッテイマシタ」
怒りをあらわにするアギーレ監督【写真:Getty Images】

 日本代表は4日、アジア杯へ向けた合宿を行っているオーストラリア東部セスノックでクラブW杯3位のオークランド・シティ(ニュージーランド)と練習試合を行い、2-0で勝利を収めた。

 試合後に報道陣の取材に応じたハビエル・アギーレ監督は、試合内容について「相手がいいプレーをして、こちらのいいプレーを要求したところがよかった。非常に強度の高いトレーニングになった」と一定の満足感を示した。

 しかし、チャンスを作りながら多くの得点を奪えなかったことには「ペナルティエリアの中で4対1になっているのにラストパスを相手に渡してしまう場面があった」と課題も指摘。

 まだ練習試合ということもあって、この日はベンチに座っている時間が長かったものの、後半には「(日本語で)オコッテイマシタ」と本人が語るようにヒートアップする姿も見られた。

 そのため、12日(月)に控えるパレスチナとの初戦に向けて「本田はイタリアで沢山のゴールを奪っているし、岡崎もヤット(遠藤)も奪っている。パレスチナ戦に今日決まらなかったゴールを取っておいてくれればと思っている」と本大会での爆発に期待を寄せた。

 一方で、カウンターからピンチを招いたものの無失点に抑えた守備陣については「良いプレーをするチームと対戦して危ない場面を1回のみに抑えたことはよかった。いい守備ができたと思う」と手応えを口にした。

 また、注目のスタメンに関しては、この試合ではGKに川島、DFには酒井高、塩谷、森重、長友、アンカーには長谷部、インサイドハーフは香川と遠藤、ウイングには右に本田、左に乾、そして1トップに岡崎を起用。

 指揮官は「コンディションのよかった選手。フィジカル的にもメンタル的にも」と、現時点のベストメンバーを選出したことを明かしたが、「代表レベルだと、どの11人を選んでもプレーはできると思う。23人の中から私にとってのベストイレブンを毎回選びたい」と選手同士の競争心を煽った。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top