京都が積極補強! 柏からGK菅野を獲得。2007年には新人王に輝いた経験も

2016年01月05日(Tue)13時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

京都が積極補強! 柏からGK菅野を獲得。2007年には新人王に輝いた経験も
京都への移籍が決まったGK菅野孝憲【写真:Getty Images】

 J2リーグの京都サンガが5日、柏レイソルからGK菅野孝憲を完全移籍で獲得したことを発表した。

 菅野は横浜FCに在籍していた2007年に新人王に輝き、2008年に柏に移籍。すぐに主力に定着し正守護神の座を掴み取る。そして、8年間の間ゴールを守り、J1復帰後の2011年にはリーグ優勝に貢献していた。

 菅野は京都のオフィシャルサイトを通じて「このたび京都サンガF.C.に加入することになりました菅野孝憲です。絶対使命である今シーズンでのJ1昇格。そしてJ1でも常に優勝争いができるようなチームになるべく、新しい仲間と共に今を大事に努力し続けたいと思います。応援宜しくお願いいたします」と語り、次のシーズンに向けた抱負を述べている。

 そして、柏のオフィシャルサイトでは「このたび、京都サンガF.C.へ移籍することとなりました。柏レイソルで、公式戦500試合出場、J1リーグ、天皇杯、ナビスコカップ制覇の喜びを皆さまと分かち合えたこと、ACLやクラブワールドカップを通じ、世界との差を縮め追い越す為に、今何をしなければならないのかということに、気づけたことは、自分にとっての財産であり、心身の一部になっています。

これまでの、柏レイソルでの全ての試合が昨日のことのようです。ゴールキーパーというポジションが故、いつも背中を向けていたので、この場を借りて正面からお礼を言わせて下さい。8年間本当にありがとうございました。偉大な柏サポーターと共に一緒になってゴールを守ってこられたことを誇りに思います」と語り、感謝の言葉を残している。

 柏で様々な経験を積んできた菅野。愛着のわくクラブを離れ、今度は京都のJ1昇格のためにJ2リーグで戦うこととなる。1部昇格を目指す京都にとっては大きな戦力となりそうだ。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top