闘莉王、6年間過ごした名古屋を退団。今後は「ブラジルに帰ってゆっくり考える」

2016年01月09日(Sat)18時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

闘莉王、6年間過ごした名古屋を退団。今後は「ブラジルに帰ってゆっくり考える」
退団することが発表された闘莉王【写真:Getty Images】

 J1リーグの名古屋グランパスが9日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王がチームを退団することを発表した。

 闘莉王はサンフレッチェ広島や水戸ホーリーホック、浦和レッズなどを経由した後、2010年に名古屋に加入。開幕戦からスタメンの座を掴み取るとリーグ戦29試合に出場し6得点を記録。名古屋にとってクラブ史上初となるJ1リーグ優勝に大きく貢献していた。このことについて闘莉王は「移籍後最初のシーズンで優勝できたことは、私にとって非常に思い出深い出来事です」と語り、当時の思い出を語った。

 昨季はリーグ戦30試合に出場し5得点を決めるなど、守備だけでなく攻撃でも存在感を発揮している。そして今回、6年間過ごした名古屋を退団することになった。

 退団することに関して闘莉王は「今回、ブラジルに帰ってゆっくり考える時間を持ち、私自身が変わらなければいけないという想いに達しました」と語り、ブラジルに一度帰ることは明言したものの、今後の去就については触れなかった。34歳という年齢ではあるが、まだまだサッカー選手として十分に活躍できることを証明している。果たして、今年もピッチに立ち続けることになるのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top