【英国人の視点】イングランドで称賛集める岡崎。「サムライになりたい」世界へと導いた恩師の教え

現在、プレミアリーグは第23節を終えた時点でレスターが首位に立っている。そして岡崎慎司は得点数こそ多くはないが、献身的な姿勢でチームに大きく貢献している。これまで多くの日本人選手が壁を越えられなかったイングランドで結果を残している背景には高校時代の恩師からの教えがあった。

2016年01月28日(Thu)10時28分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , ,

首位大躍進を支える岡崎のメンタリティ

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 リーグ戦でここまで4得点を記録しただけではあるかもしれない。それでも岡崎慎司は、ミッドランズを本拠地とする伏兵レスター・シティがプレミアリーグ上位の常連チームたちに離されることなく付いて行く戦いの鍵を握る選手となることが十分にできている。

 29歳の岡崎はここまで23試合中21試合に出場し、ジェイミー・ヴァーディーの前線のパートナーとしてクラウディオ・ラニエリ監督に好まれる選択肢となっている。

 岡崎がイングランドのサッカーにきわめてスムーズに馴染んだことで、昨季のチーム得点王レオナルド・ウジョアは脇役に追いやられ、レスターがクラブ史上最高額で補強したアンドレイ・クラマリッチは今シーズン末までのレンタルでホッフェンハイムへと送られることが先週決定した。

 プレミアリーグは世界でも最もスピードがあり最もフィジカル面の要求が強いリーグの1つではあるが、そこに岡崎がすんなりと馴染むことができたのは彼本人のメンタリティの賜物だ。

 そして、19歳だった2005年12月に清水エスパルスでデビューを飾って以来の10年間に彼が着実な成長を遂げてきたことを考えれば、驚くべきことでもないと言うべきだろう。

 岡崎は1シーズンに15点を超えるゴールを記録したこともなければ、日本人選手の多くが披露するような繊細な技術にも恵まれているわけではない。だが彼の意欲とチームに貢献する力は大きな武器としてイングランドで称賛されており、彼自身もその力を活かせるよう必死の努力を重ねてきた。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top