イブラ、1G1Aの大暴れ! PSG、チェルシーとの因縁対決を制す

2016年03月10日(Thu)6時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

PSG
PSGはイブラヒモビッチの活躍でチェルシーとの因縁対決を制した【写真:Getty Images】

【チェルシー 1-2 (2-4)PSG CLベスト16・2ndレグ】

 チェルシーは現地時間9日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ndレグでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦した。

 アウェイでの1stレグは1-2で敗戦したチェルシーだが、ホームでの2ndレグは1-0または2点差以上で勝利すれば突破が決まる。対するPSGは勝利または引き分けはもちろん、敗れてもスコア次第で勝ち抜けという条件だった。

 PSGはズラタン・イブラヒモビッチがセットプレーから開始6分でネットを揺らすが、これはオフサイドでチェルシーは難を逃れる。

 しかし、直後にイブラヒモビッチは決定的な仕事をする。アンヘル・ディ・マリアのスルーパスに抜け出すと、ゴール前にクロスを送り、これをアドリエン・ラビオが押し込んでPSGが貴重なアウェイゴールを奪う。

 この瞬間にチェルシーが1-0で勝利する可能性が消滅し、最低でも2点を奪わなければならなくなった。

 それでも、チェルシーは1点を返す。絶好調のジエゴ・コスタがPSG守備陣に囲まれながらも強引に切り返し、冷静にゴールを決めた。

 前半は1-1で終了し、後半へ。PSGはこのまま逃げ切れば勝ち抜けとなる。一方、チェルシーは最低でも1点が必要となる。

 反撃に出るチェルシーだが、ここまで攻撃陣を牽引していたD・コスタが負傷交代するアクシデントに見舞われる。

 エースを失ったチェルシーは、さらなるピンチに追い込まれる。左サイドをアンヘル・ディ・マリアが突破すると、クロスをイブラヒモビッチが押し込んで勝ち越した。チェルシーは3点が必要という絶対絶命の状況に追い込まれてしう。

 その後はエデン・アザールも負傷交代を訴えるなど、チェルシーに反撃に出る気力は残されておらず、そのまま試合は終了。

 3シーズン連続で実現した因縁対決は、PSGに軍配が上がった。

【得点者】
16分 0-1 ラビオ(PSG)
27分 1-1 D・コスタ(チェルシー)
67分 1-2 イブラヒモビッチ(PSG)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top