Home » 日本代表 » コンフェデ2013 » 日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力 » Page 2

日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力

2013年07月03日(水)10時48分配信

text by 北健一郎 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography,Kenzaburo Matsuoka
タグ:

少し選手を入れ替えるとパフォーマンスが落ちる

 なるほど。ただ、ザッケローニ監督がメンバーを固定したことによる影響は様々なところに出ていますよね。ベストメンバーと言われる11人から2人以上変わるとチームがうまく回らなくなってしまう。

 ザックジャパンのサッカーで今は選手同士のあうんの呼吸に支えられているところが大きい。だから新しい選手が入って、パスのタイミングやボールの置きどころがちょっとでも変わるだけでノッキングを起こしてしまう。

河治 バックアップの選手がレギュラーに比べて絶対的に劣っているかというとそうじゃない。パズルのピースってちょっとでも形が違うとハマらないじゃないですか? 今の日本代表はピタッとパズルがハマったときは良いサッカーができるけど、バックアップの選手がパズルのピースになれていない。

 メキシコ戦の酒井宏樹が象徴的ですよね。先発起用されたのに酒井のところでミスが多発して、後半の速い時間対で内田篤人と交代させられてしまった。酒井のプレーは良くなかった。ただ、選手の声を拾ってみると実力を出せなかったのは仕方ないと思えるところもある。

河治 というと?

1 2 3 4

新着記事

↑top