Home » 日本代表 » コンフェデ2013 » 日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力 » Page 4

日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力

2013年07月03日(水)10時48分配信

text by 北健一郎 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography,Kenzaburo Matsuoka
タグ:

豊田や柿谷の価値が“インフレ”している

河治 ザッケローニ監督に関しては戦術のことは考えているし、選手起用に関してもかなり考えている。ただ一番怖いのはマネージメントの部分をどれだけ考えているのかが読めないこと。

 コンフェデが終わったらメンバーを入れ替えると言っていましたけど、現状ではバックアップの選手が実力を見せる機会があまりにも少ない。東アジア選手権は今まで出場機会の少なかった選手や未招集の選手を試すことにはなると思いますが……。

河治 今の段階では代表に選ばれていない選手の価値が“インフレ”している。豊田陽平にしても柿谷陽一朗にしても、「あの選手が入ったらもっとできる」と思われている。その期待に応えるような選手が出てくればいいとは思うけど、そうならないかもしれない。

 例えるなら、今のザックジャパンはコンクリートからでも生えてくるような強い草のような選手を求めている。だけど、実際に今の代表に食い込むのは簡単じゃない。これからの1年間でザッケローニ監督が本気でチームを底上げしたいと考えているなら、バックアップを含めたチームマネージメントが重要になるでしょうね。

【了】

関連リンク

フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日
フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道
ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.28
僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代

1 2 3 4

新着記事

↑top