ヤヌザイの2点でマンUが勝利。ライバルの活躍は香川にとって逆風になるのか?

2013年10月06日(Sun)15時37分配信

text by 斎藤史隆 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

若きヤヌザイが2得点。モイーズ監督も評価

20131006_moi
モイーズ監督もヤヌザイを高く評価【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 しかし、全ては55分からの若者の力で変わった。ヤヌザイの2点は「10番の選手らしい」得点だった。同点ゴールは中央でボールを持ち上がり、左サイドのエブラへパス。戻ってきたクロスを確実に決めた。

 勝ち越し点は右サイドからのクロスがクリアされた後、左足で鮮やかなボレーで叩き込んだ。モイーズ監督も自身の判断を正当化するヤヌザイの貢献を喜んだ。

「素晴らしい才能を持った選手だ。私たちは高く評価している。過去数週間、チームに出場させようとしたが、さまざまな理由でそれができなかった。2ゴールだけでなく、全体的なプレーが最高に良かった」

 だが、新鋭の活躍とは裏腹に、レギュラー陣の出来は監督が手放しに喜べるものではなかったはずだ。ビディッチをはじめとした守備陣のミス、攻撃陣もルーニー、ファン・ペルシーという主力が出場しながら、最下位チームを圧倒するようなことはなかった。完全復調はお預けになったというのが正直なところだ。

1 2 3

新着記事

↑top