プロになるため欧州の大学へ留学、そしてリーグ優勝。金井拓也の選択したサッカー人生

日本国内ではほぼ無名に等しい海外組、金井拓也。今季はリトアニアの強豪に所属し、なんといきなりリーグ優勝を経験した。彼の経歴は特殊だ。Jリーグ経験がなく、欧州への大学への進学という形で渡ってきた。

2013年11月17日(Sun)17時00分配信

text by 長束恭行 photo Yasuyuki Nagatsuka
Tags: ,

今季、リトアニアで優勝

20131117_kanai001
最終節で優勝を果たしたジャルギリス・金井拓也【写真:長束恭行】

 ヨーロッパには星の数のようにサッカークラブはあれど、UEFA加盟国の一部リーグで戦えるのは現在「722」クラブに限られている。その中でリーグ優勝のトロフィーを掲げられるのは年間「54」クラブのみ。

 欧州全域に日本人選手が浸透し、戴冠の喜びを分かち合う「海外組」は次第に増えつつある。そんな仲間に新たなフットボーラーが加わった。MF金井拓也(21)。11月9日、彼が所属するジャルギリス・ヴィリニュスは、リトアニアリーグ「Aリーガ」最終節で優勝を決めた。名門復活の歓喜に酔いしれる人々の輪に、プロ一年目の金井がいた。

「14年ぶりの優勝にサポーターはめっちゃ喜んでくれました。ビアホールでの祝勝会も凄く盛り上がり、皆で踊ったりして。それから僕ら選手は朝の5時までクラブに行きました。でも僕はお酒が嫌いなので、そんなに飲んでないですね(笑)」

 金井のサッカーキャリアは地元福岡でスタートした。父の影響を受けてサッカーを始め、小学校一年生で地元クラブに入団。高学年になってアビスパ福岡のジュニアユースに合格し、15歳までプレーしたが、海外挑戦の芽生えは他の誰よりも早かった。

 中学卒業後はイングランドにサッカー留学し、ロンドンの学校チームで数ヶ月間プレー。コーチの縁でクリスタルパレス入団のチャンスもあったという。

「クリスタルパレスのU-15のコーチが時々、僕を練習に連れて行ってくれました。もしU-18のコーチが『欲しい』と言ったら入団できたんですけど、僕のような小さい選手ではなく、体格の大きい選手が好まれていました」

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

FChan TV

↑top