内部抗争で迷走するミラン。名門の救世主は“10番”本田か、変革の旗手・バルバラ嬢か

本田圭佑が加入するミランが揺れている。成績が上向かないこともあるが、内部で不協和音が起こっているのだ。名門への移籍、慣れない環境に加えて、本田には不安定なクラブ状況も襲い掛かることになる。

2013年12月21日(Sat)8時04分配信

text by 倉石千種 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography , Kenzaburo Matsuoka
Tags: , , ,

クラブ内部の不協和音

 本田圭佑が伝統あるクラブの「10」を背負うことに、クラブの内部や周辺にいる関係者は押しなべて好意的である。合流する前から批判的な声を上げるわけにもいかないのだろうが、それにしても、「本田は成功する」との見方は多い。

 ただ、その評価がどう変わっていくかは本人のパフォーマンス次第である。中田英寿しかり、中村俊輔しかり、そのほか多くの日本人がこれまでイタリアに渡り、栄光と挫折の瞬間を味わってきた。だが今回、この日本代表エースがイタリアに渡るにあたり、一つの懸念材料がある。ミランの内部の不協和音である。

 世界で最も多くのタイトルを手にしてきたビッグクラブを近年、支えてきたのはアドリアーノ・ガッリアーニ副会長だ。同氏は1986年からミランでの挑戦を始め、アリゴ・サッキやオランダ人選手らによるスペクタクルなサッカーを実現させた。ファン・バステンやフランク・ライカールは彼が手がけた移籍の中でもトップ10に入るだろう。

 そのほか、アンドレア・ピルロの発掘を始め、サヴィチェビッチ、ジョージ・ウェア、シェフチェンコ、イブラヒモビッチ、カカ、ロナウジーニョら多くの選手たちをミランの一員とし、スター選手として輝かせてきた。まさに黄金時代を築いてきた功労者と言える。

 だが、今季のミランにその栄光の面影はない。勝ち点は伸び悩み、来季のCL出場圏どころか、降格圏に近いポジションにつける時期さえある。この間、徐々に聞こえてきたのがクラブ内部の不協和音だ。

 11月3日付の一般紙「ラ・スタンパ」は「管理職を交代させる戦い」というセンセーショナルな見出しをつけ、その内部抗争を書き立てた。その主役がガッリアーニ氏とシルヴィオ・ベルルスコー二名誉会長の娘であるバルバラ氏だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top