モウリーニョはアトレティコへのレンタル移籍を優先?
モウリーニョはアトレティコへのレンタル移籍を優先?【写真:goal.com】

チェルシーで出場機会に恵まれていないMFケヴィン・デ・ブルイネ(22)は、ヴォルフスブルク移籍を望んでいるのかもしれない。ドイツ『ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ』によれば、ヴォルフスブルクが移籍先の最有力候補に挙がっているという。

今季プレミアリーグで、わずか3試合の出場にとどまるデ・ブルイネ。ここ4試合は招集外となるなど、状況はますます苦しくなっている。

昨季、レンタルによってブレーメンで活躍したデ・ブルイネには、複数のクラブが獲得に動き出しているようだ。しかし元ブレーメンのクラウス・アロフスGM(ゼネラルマネジャー)の存在によって、本人はヴォルフスブルク移籍を優先的に考えているらしい。

ただ、ヴォルフスブルクが完全移籍での獲得を求めているのに対し、チェルシーはレンタル移籍しか容認しない方針と見られる。またベルギーメディアが報じるところ、ジョゼ・モウリーニョ監督はチェルシーとプレースタイルが類似するアトレティコ・マドリーへの貸し出しを望んでいるとされる。

『ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ』は、デ・ブルイネの去就は今週中にも決まると報道。ワールドカップを前に、ベルギー代表MFがプレーするのはどのリーグになるのだろうか。

Goal.com

新着記事

↑top