伊紙評価:失点絡んだ長友に「残念」

2014年01月07日(Tue)14時25分配信


Tags: , , , , ,

ラツィオ戦は厳しい評価に
ラツィオ戦は厳しい評価に【写真:goal.com】

インテルDF長友佑都は6日、セリエA第18節ラツィオ戦でフル出場した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手に5点と厳しい評価を下している。

ダービーでの勝利で幕を閉じた2013年に続き、新年も白星発進を目指したインテル。だが、エディ・レヤ新監督の就任で流れを変えたいラツィオに苦しみ、ゴールを奪えない。61分には、長友がどんぴしゃのタイミングでヘディングシュートを放ったが、相手守護神の好守に阻まれた。

その20分後、長友は失点に絡んでしまう。DFルイス・ペドロ・カヴァンダにドリブルでの突破を許すと、この流れからFWミロスラフ・クローゼに先制点を許してしまった。インテルは同点に追いつけないまま敗北。エラス・ヴェローナに抜かれ、6位に転落した。

『ガゼッタ』は長友について、先制に迫ったことに触れつつも、「カバンダに抜かれ、ラツィオをゴールに近づける大きなミスをした。残念だ。それまでの彼は、インテルの中で周囲を落胆させていない選手の一人だった」と、一つのミスが決勝点につながったことの重要性を指摘している。

なお、インテルのベストプレーヤーは、6点のGKサミル・ハンダノビッチ。及第点の6点をつけられたのは、MFフレディ・グアリンとFWディエゴ・ミリートの計3名のみだった。

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top