長谷部が半月板損傷、4~6週間離脱

2014年01月16日(Thu)4時25分配信


Tags: , , , , ,

親善試合で痛いケガ
親善試合で痛いケガ【写真:goal.com】

ニュルンベルクは15日、クラブの公式ウェブサイトで、日本代表MF長谷部誠がひざの半月板を損傷したと発表した。全治4~6週間の見込みとされている。

クラブによると、長谷部は14日に行われたステアウア・ブカレストとの親善試合の前半に負傷。15日の検査の結果、右ひざ半月板の損傷と判明した。

長谷部は16日にキャンプを離れ、ニュルンベルクでの治療にあたるとのこと。現時点では、手術を受けるかどうかは決まっていないようだ。

ブンデスリーガ前半戦を終え、いまだ勝利がないニュルンベルクは、勝ち点11で最下位ブラウンシュヴァイクと並んでいる。後半戦初戦は25日、ホームにホッフェンハイムを迎える。

Goal.com

新着記事

FChan TV

↑top