崩壊寸前のマンU。迷走するモイーズ監督の下で香川に未来はあるか?

リーグカップでも敗れ、マンチェスター・ユナイテッドの低迷に歯止めが掛からない。チェルシーからマタが加入しても、果たしてチームの救世主となるのか。

2014年01月25日(Sat)9時22分配信

シリーズ:フットボール母国の神髄
text by 森昌利 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography , Getty Images
Tags: , , ,

「マンチェスター・ユナイテッドは完全にぼろぼろだ!」

―こちらは警察、何がありましたか?
「ああ、サー・アレックス・ファーガソンと話しができるか?」

―こちらは999(英国の緊急電話番号)、何か犯罪がありましたか?
「犯罪!? おおありだ、犯罪はマンチェスター・ユナィテッドだ! もう完全にぼろぼろだ!」

 これは1月23日の英各紙が報じた実話である。前日22日の午後10時半頃、マンチェスター北部のチャンプソルからあった通報の一部だ。

 泥酔だったらしいが、この男は日本の110番に当たる緊急番号に電話をかけてきて、ファーガソン前監督と「話せるか」と要求したという。

 確かに緊急事態ではあった。この夜の10時半頃といえば、ピンポイントでマンチェスター・ユナイテッドのリーグ杯(キャピタルワン・カップ)敗退が決まった時間。準決勝第2レグのPK戦で敗れ去った瞬間だった。

 これで唯一、優勝の可能性が現実的だった国内カップ戦敗退が決まり、モイーズ1年目の無冠が事実上決定した。

 しかも相手は、今季のプレミアで19位に低迷するサンダーランド。初戦を2-1で落としていたとはいえ、ホームで格下を振り切れず、PK戦に突入。5人ずつ蹴って、サンダーランドもわずかに2ゴールではあったが、驚くことにマンチェスター・ユナイテッドはそれを下回るフレッチャーの1ゴール。まあ見る方からすると、これだけはずれるPK戦というのも珍しかったが、ファンは散々たる思いに沈んだことだろう。

 さらにしかも、ローカル・ダービー相手で宿命のライバル、マンチェスター・シティは、準決勝2戦を6-0、3-0の2戦総合9-0で通過。ユナイテッドと同様、相手はリーグ18位に低迷するウエストハムだったが、こちらは相手を完膚なきまで叩き潰して、圧倒的な強さを示していた。

 結果は惨敗だったが、PK戦に突入した時、僕はマンチェスター・ユナイテッドの勝利を確信していた。そういう展開だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top