【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その4)

理不尽な指導はなぜなくらないのか? なぜいつまでたっても真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透しないのか? サッカー界への貢献を果たす一方で様々な弊害やひずみも生んでいる高校サッカーの問題点を昨年末に『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)を上梓したスポーツライターの加部究氏とJリーガー・幸野志有人選手(FC東京)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏に語っていただいた。数回に渡ってお届けする。

2014年02月05日(Wed)12時30分配信

シリーズ:【特別対談】加部究&幸野健一
text by 森哲也 photo Kiwamu Kabe , editorial staff
Tags: , , , , ,

【その1はこちら】 | 【その2はこちら】 | 【その3はこちら】

親のブランド志向

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと
スポーツライターの加部究氏【写真:編集部】

加部 今までは体育会の大学生が就職で大人気だった。でもそこで求められているのは、ハキハキ上司の言うことを聞いて頑張ります、みたいな人だった。そういう人を求めている会社ってやっぱり…厳しいですよね、これからは。

幸野 上司に意見を言える人がいないと、組織としてダメだと思う。ビジネスの世界だったら、イエスマンしか育たなくても経営者責任ってことにできるけど、子どもの育成についてはそうはいかない。

加部 部活の指導者が、本当にアンタッチャブルな存在になっていますよね。校長も同僚も何も言えないみたいな。彼らもおかしいとは思っているんだろうけど。

幸野 4種にしても3種にしても、よく言われることがあります。体罰を振るわれるようなところに子どもを通わせている親は、なぜ辞めさせないのか、と。不思議なことだけど、そういう指導者がカリスマ性を持ってしまっていて、なんだか信頼してしまうということもあるようです。その人の言うとおりにしていれば、子どもが成長するはずだ、みたいな。

――信仰みたいなものですね。

幸野 子どもよりむしろ親が問題かもしれませんね。

加部 確かに親の思い込みが先走っているというのは多いです。強い高校や強いクラブに入れたいって考えるのはまず親ですから。だから、何が子どものためになるのかを、親が見極められるようになる必要はあるでしょうね。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top