浦和レッズ、2014補強診断。西川の加入は大きな戦力アップだが、上位進出に求められるリスク管理

2014年02月18日(Tue)11時10分配信

text by 神谷正明 photo Kenzaburo Matsuoka , Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , ,

大きな収穫、西川の補強

浦和レッズ、2014補強診断。西川の加入は大きな戦力アップだが、上位進出に求められるリスク管理
西川周作【写真:松岡健三郎】

 多くの人材が浦和から抜けたが、いずれの選手もミハイロ・ペトロヴィッチ体制では控え組だったため、戦力流出というよりは人員整理の側面が強い。そして西川周作、李忠成、青木拓矢と即戦力級の3選手を加えられたのだから、移籍市場では有益な取引ができたと言っていいだろう。

 そのなかでもっとも大きな収穫だったのは、サンフレッチェ広島から西川を獲得できたことだ。GKのポジションは指揮官の悩みの種となっていた。

 浦和では加藤順大が2011年途中から正GKを務め、2012年にペトロヴィッチ監督が就任してからも加藤がずっとゴールマウスを守ってきた。ミシャサッカーでは自陣から丁寧にボールをつなぐことが求められるが、足元の技術が高い加藤はうってつけの人材だった。

 しかし、昨シーズンはGKの「本業」の部分で不安定なところを覗かせた。一歩目の飛び出しが早いといった思い切りの良さが特徴ではあるが、それが裏目に出て致命的なミスにつながったり、クロス対応で不安を感じさせる場面も何度かあった。また、本来は武器であったはずのボール扱いでもミスが散見されるようになった。

 そこで、ペトロヴィッチ監督は、シーズン途中に加藤から山岸範宏に正GKを変える決断を下した。山岸はかねてより定評のあったシュートブロックで存在感を示し、ベテラン健在をアピールした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top