ニュージーランドはW杯前に適切な相手だったのか? 収穫なく“確認”だけで貴重な試合が無駄に

3月5日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ、4対2で日本が勝利した。だが、この試合でザックジャパンに進化は見られなかった。果たしてニュージーランドは相手として適切だったのだろうか。

2014年03月05日(Wed)23時23分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , ,

進歩なく、確認だけのニュージーランド戦

20140305_kagawa
香川はキレのある動きを見せた【写真:Getty Images】

 2014年、ブラジルW杯を前に日本が行うのは2試合。そのうちの1試合が5日のニュージーランド戦だった。わずか2試合という不安がある中、この試合は貴重なものだった。

 だが、このニュージーランド戦で何かポジティブなものを見出だせただろうか。

 前半の早い段階で4得点を奪い、オランダやベルギーに示した攻撃力を“確認”できた。香川真司はキレのある動きを見せ、マンチェスターでの不遇の日々が自身だけの責任ではないことが“確認”できた。2失点を喫し、まだまだ守備が課題であることが“確認”できた。

 進歩はなく、この試合で得られたものは“確認”だけだ。

 4-0となり、試合が決まったことで選手たちは緩んでしまった。もちろん改善すべき点だが、そもそもニュージーランドという相手は適切ではなかったのではないか。早々に大量リードを奪える相手との試合で得られるものは多くない。

 調整ととればわからなくもないが、貴重なインターナショナルマッチでなぜこの相手だったのか。ザッケローニ監督は「ギリシャに似ている」と仮想ギリシャも見据えたが、では5月27日のキプロス戦は何なのだろうか。キプロスこそ仮想ギリシャだったはずだ。

 W杯はグループステージで3試合しかなく、初戦が最も重要だ。初戦のコートジボワールより2戦目のギリシャとの対戦を厚く対策するのはなぜだろうか。

1 2

新着記事

↑top