現在J2首位。曹貴裁体制3年目、成熟の湘南スタイル

Jリーグで唯一の開幕5連勝。1年でのJ1復帰を目指す湘南は、開幕からすがすがしいまでのアグレッシブなサッカーを展開し、首位を快走している。

2014年04月04日(Fri)12時45分配信

text by Football LAB
Tags: , ,

変えてはいけない部分と変わらなければいけない部分とは?

現在J2首位。曹貴裁体制3年目、成熟の湘南スタイル
アタッキングサードでのタックル

 Jリーグで唯一の開幕5連勝。1年でのJ1復帰を目指す湘南は、開幕からすがすがしいまでのアグレッシブなサッカーを展開し、首位を快走している。

 曹貴裁監督が就任して3年目のシーズン。「継続と深化」をテーマに掲げる今季は、過去2年で根付いたスタイルをさらに突き詰め、毎試合の勝利にもこだわるという強い決意が見て取れる。一方で、まだ5試合を終えた段階ながら、ある変化の兆候も見え始めた。開幕前に指揮官が語った「変えてはいけない部分と変わらなければいけない部分」。その言葉の意味を知る手掛かりとなるデータを幾つか紹介していきたい。

 まずは継続の部分から。上のグラフと下の2つの表は曹貴裁監督が指揮を執り始めた2012年から2014年までの成長の跡をたどったものだ。最も目を引くのはアタッキングサードでのタックル成功率だろう。指揮官の就任初年度から強烈だった高い位置でのボール狩りは、J1の舞台でも弱まるどころかさらに勢いを増し、J2を戦う今季は5節終了時点で93.3%の成功率を記録。回数でいえば、湘南は今季アタッキングサードで15回のタックルを試み、そのうち14回の成功を収めていることになる。1試合平均のタックル数、つまり成功率の分母となる数値も同時に上がっていることを踏まえると、驚異的な上昇率といっていい。

1 2 3

新着記事

↑top