最高の結果で再出発のマンU。ギグス新監督はなぜ香川を先発させ、モイーズ体制から何を変えたのか?

26日に行われたプレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッドはノリッジとホームで対戦して4-0と快勝。モイーズ監督が解任され、選手兼任で後任となったギグス暫定監督の初陣。一度離れたファンの心を戻すための最高の結果となった。

2014年04月27日(Sun)8時47分配信

text by 海老沢純一 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , , ,

絵になる男ギグス。モイーズ政権で離心したファン、選手の心を掴む

最高の結果で再出発のマンU。ギグス新監督はなぜ香川を先発させ、モイーズ体制から何を変えたのか?
ライアン・ギグス【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 やはり絵になる。細身のスーツに身を包んだライアン・ギグスがオールド・トラッフォードに立つ姿は新鮮ながら、どこか風格も感じるものだった。ベンチに座れば脇にはニッキー・バットとポール・スコールズ。90年代を知るファンにはたまらない3ショットだ。

 1973年11月29日にウェールズで生まれたギグスは40歳にして未だ現役の選手である。ユース時代にはライバルのマンチェスター・シティに在籍していたが、アレックス・ファーガソン監督からのスカウトによって14歳の頃にユナイテッドに加入した。

 90-91シーズンにトップチームデビューを果たすと、35ものタイトルを獲得。ここまで24シーズンで公式戦962試合に出場し168得点を記録している。さらに、デビューから昨シーズンまでプレミアリーグにおいて23シーズン連続得点という金字塔を打ち立てている。

 クラブの象徴的存在とも言えるギグスが暫定監督に就任すれば、反対する人物はいないだろう。全てのファンから愛され、選手からも慕われているギグスであれば、モイーズ政権でバラバラになった心を再び一つにすることが出来るはずだ。

 そして、それは就任1試合目となったノリッジ戦で既に証明されていた。ウェイン・ルーニーとフアン・マタの2ゴールによって、5日のニューカッスル戦に続いて今シーズン2度目となる4-0で勝利。

 オプタ社による攻撃、守備、ポゼッションでの評価を示すパフォーマンス・スコアでは今シーズン最多の516点を記録した。この点数は出場した全選手のスコアを合計した数字のため、多くの選手が好パフォーマンスを披露したことを示している。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top