躍動した若手と頼りになるベテラン。勝ち点3以上のものを得た鹿島が首位に返り咲く。

2014年04月27日(Sun)9時54分配信

photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: , , , , , , , ,

アウェイに乗り込んだ鹿島の若手が躍動

 前節、前々節に喫した2連敗で順位を落とした鹿島。特に前節の神戸戦は2度のリードを奪いながら2-3で逆転負けと鹿島らしくない戦いだった。試合後、センターバックの昌子源は「去年広島の優勝を見たのと、今回が一番悔しい」と話した。

 鹿島といえば、したたかに勝ち点3を積み重ねていく強さがある。しかし接戦を勝ちきれない所には、まだ発展途上という若さが見られる。

 だがこの日、アウェイに乗り込んでの広島戦ではその若手たちが躍動した。同時に、頼りになるベテランたちも安定したプレーで存在感を発揮した。

 10分に20歳のカイオが、19分には21歳の土居聖真が決めて2点のリードを奪った鹿島。ちなみに2点目の場面でアシストしたのは、21歳の柴崎岳だった。

 活き活きと攻撃陣が躍動する中、ディフェンスラインにはJ1初出場となる19歳の植田直通が入り、21歳の昌子源とセンターバックでコンビを組んだ。昌子と植田は、7分と27分にそれぞれイエローカードを受けている。広島の攻撃陣を自由にさせれば、失点の危険性は高くなる。恐れずにタイトなマークを続けられるかが懸念された。

1 2

新着記事

↑top