マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も

マンチェスター・ユナイテッドの新監督候補に挙げられているルイ・ファン・ハール監督。アヤックス、バルセロナ、バイエルン、オランダ代表と世界のトップチームを率いてきた名将と言われているが、その経歴は?

2014年05月02日(Fri)10時41分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アヤックスで黄金期。リーグ3連覇に世界一のタイトル

マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も
マンチェスター・ユナイテッドの新監督候補として最有力に挙っているルイ・ファン・ハール監督【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドの新監督候補として最有力に挙っているルイ・ファン・ハール監督。アヤックスやバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンの監督を歴任し、現在はオランダ代表監督を務めている同氏。どんな経歴を持っているのだろうか?

 1951年8月8日の62歳で、オランダ最大の都市アムステイルダム出身。カトリック系の家族のもとに生まれたファン・ハールだったが、父親が重い心臓病を抱えており、彼が幼い頃に亡くなっている。

 そして、母親の女手一つで育てられた環境がファン・ハールの規律を重んじる厳格な人格形成につながったという。さらに、1973年に結婚したフェルナンダさんとの間に二児をもうけるも、94年に膵臓がんによって最愛の妻を亡くしている。2008年には二番目の妻、ヒルダさんと再婚した。

 現役時代のポジションはMF。アヤックスのユースに在籍したものの、トップチームでの出場は無く73年にベルギーのロイヤル・アントワープに移籍。77-78シーズンのテルスターを経てスパルタ・ロッテルダムに加入。78-79シーズンから85-86シーズンまでの8シーズンで通算248試合に出場し26得点を記録した。

 その後、86-87シーズンのAZでのプレーを最後に現役引退。15年に及ぶ選手キャリアで、ファン・ハールはセミプロの選手だった。体育教師の免許を持つため、在籍した各地で高校の教師を兼業していたという。

 現役引退後は、AZのアシスタントコーチに就任。88-89シーズンから90-91シーズンまでの3シーズンはアヤックスのアシスタントコーチを務める。その後、レオ・ベーンハッカー監督の後任としてアヤックスの監督に昇格。世界一流の監督としてのキャリアをスタートさせる。

 91-92シーズンのUEFAカップ優勝を皮切りに、93-94シーズンからエールディビジ3連覇を果たすと94-95シーズンのチャンピオンズリーグで優勝。95年に国立競技場で行われたインターコンチネンタル・カップではPK戦の末にグレミオを敗ってクラブ世界一のタイトルを獲得した。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top