アルゼンチン、「不安定」と言われた守備陣が奮闘。イグアイン初ゴールで攻守に上向いた矢先、ディ・マリア負傷で暗雲

2014年07月06日(Sun)10時57分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

攻撃陣に緊急事態。アグエロに続いてディ・マリアも離脱か

20140706_dhi
負傷交代を余儀なくされたアンヘル・ディ・マリア【写真:Getty Images】

 ベルギーは、ボランチのアクセル・ヴィツェルがアンカー気味にポジションを取ることで、スイス戦まで4戦連続マン・オブ・ザ・マッチに選出されていたメッシを封じる作戦を実行。

 メッシ自身は不発に終わったことで、これは一定の効果を生んだが、本来ダブルボランチを組むマルアン・フェライニが守備に戻らず(パフォーマンススコアでは両チーム最低の-25点)、ヴィツェルの両サイドに広大なスペースを残して失点のきっかけを作った。

 さらに、メッシは13本のパスのうち、中央方向へのパスはわずか1本と、このサイドのスペースを突くことでベルギーの守備陣を悩ませた。特に、前半28分に見せた、いや魅せたベルギーの右サイドバック、トビー・アルデルワイレルトの裏を突くスルーパスは鳥肌ものだった。

 しかし、このパスを受けたディ・マリアがシュートを放った際に右太股を痛めてエンソ・ペレスと交代。ここまでメッシとの抜群のコンビネーションを見せているだけでなく、豊富な運動量で攻守に高く貢献していただけに、離脱となれば大きな戦力を失うことになる。

 既にアグエロがグループリーグ第3戦ナイジェリア戦での負傷によって離脱。ディ・マリア、アグエロともに復帰の可能性は残っているが、揃って欠場の可能性もある。

 エンソ・ペレスやロドリゴ・パラシオ、マキシ・ロドリゲス、アウグスト・フェルナンデスといった面々では大きくスケールダウンしてしまうだけに、診断結果が気になるところだ。

【了】

1 2

新着記事

↑top