マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も

2014年07月31日(Thu)10時34分配信

text by 山本美智子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

W杯で明暗分かれたGK。マドリーはカシージャス放出を希望

マドリー、バルサ、アトレティコで計467億円。近年にない動きを見せる移籍市場。GK勢はW杯の活躍で明暗も
チリ代表のクラウディオ・ブラーボ。ベテランながら、その経験が買われバルサに移籍【写真:Getty Images】

 ゴールマウスの動きにも、今回のW杯の明暗が色濃く出ている。なんといっても、勝ち組として最初に名乗りをあげたのは、チリ代表のクラウディオ・ブラーボだろう。31才というベテランながら、その経験が買われバルサに移籍。今週からプレシーズンに参加し始めた。

 ここ数年のレアルソシエダの快進撃に、ブラーボが大きく貢献していたのは周知の事実だが、それでも、バルサのようなビッグクラブへの移籍が可能になったのは、チリ代表での活躍があってこそ。

 現在、マドリーへの移籍が確実視されているケイラー・ナバスにしても同様だ。もともと、レバンテでも名GKとして名を成していたが、マドリーが獲得に乗り出すことを決めたのは、今回、W杯でコスタリカをベスト8に導いた活躍があってのことだ。

 光があれば影もあるわけで、その結果、長い影を落としているのが、イケル・カシージャスだ。スペイン代表が今回のW杯でオランダを前に5失点する恥辱を味わうことになったのは、忘れることのできない汚点だ。

 もちろん、この失点の責任をカシージャスのみに押し付けるのは、あまりにも酷だが、それを差し引いても、その張本人がレアル・マドリーの正GKで居続けることに当然、疑問も生じるわけで、実際、レアル・マドリーは来季に向けて、イケル・カシージャスとディエゴ・ロペス、2人をまとめて放出しようとしている。

1 2 3

新着記事

↑top