注目の日本人対決は岡崎のマインツに軍配。ドルトムントは丸岡満がトップチームデビュー

2014年09月21日(Sun)3時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20140921_okazaki_getty
先制点を決めた岡崎慎司【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガの14-15シーズン第4節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、同じく日本代表FW岡崎慎司のマインツアウェイで対戦。香川はトップ下、岡崎はワントップでスタメン出場を果たした。また丸岡満もベンチ入りしている。

 立ち上がりはボールが落ち着かず、香川と岡崎もあまりボールに絡めない。

 31分、鋭い縦パスを受けた香川がバイタルエリアでターンするも得点には結びつかず。マインツも岡崎が裏への抜け出しなど前線で駆け回るもシュートまで持ち込めない。

 40分にはドルトムント。右からビスチェクがグラウンダーのクロスを送ると、アドリアン・ラモスがニアで合わせるもポストに阻まれる。

 ブロックを敷くマインツに対し、前半のドルトムントはスペースを素早く突くという攻撃ができなかった。

 後半最初のチャンスはドルトムント。53分、左からグロスクロイツの折り返しをラモスが狙うもDFに当たる。

 64分、香川に代えてムヒタリアン、ラモスに代えてインモービレを投入する。

 しかし、先制したのはマインツ。66分、ハイロの折り返しを岡崎が押し込んでマインツが先制する。

 直後にドルトムントにもビッグチャンス。インオービレが狙うもブロックに入った岡崎の手に当たってしまう。PKとなったが、インモービレのシュートはGK完璧に止められた

 74分、裏に抜けたハイロが中へ送ると、相手のオウンゴールを誘った。

 得点が欲しいドルトムントは80分、ベンダーに代えてトップチームデビューとなる丸岡を投入する。何度かいいプレーを見せたものの、得点に絡むことはできず。

 試合は岡崎の活躍もあり、マインツが勝点3を手にした。

【了】

新着記事

↑top