U-21日本代表、パレスチナを下し準々決勝進出

2014年09月25日(Thu)18時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

4得点を奪って勝利

20140925_endo_getty
先制点を決めた遠藤航【写真:Getty Images】

 U-21日本代表は25日、アジア大会決勝トーナメント1回戦でパレスチナと対戦した。

 グループリーグを2勝1敗の2位で突破した日本。準々決勝進出をかけたこの日、立ち上がりから攻め込み相手ゴールに迫る。

 13分、左からのFKに走り込んだ鈴木武蔵がフリーでヘディングシュートを放つも枠を捉えられない。

 15分には野津田岳人が得意の左足で狙うも、これも外れた。

 それでも17分、バイタルエリアでパスを繋ぐと、鈴木武蔵とのワンツーから遠藤航が蹴り込んで先制点を奪った。

 24分には鈴木がネットを揺らすも、これはオフサイドの判定でノーゴール。

 27分、CKのサインプレーの流れからクロスが上がると、鈴木が打点の高いヘディングでゴール。今度は得点が認められ2-0とした。

 日本は左サイドを起点にしながら、いいポジションをとる中島翔哉がフリーでボールを受ける。そこから中央や逆サイドを活かしてゴールを目指した。

 後半も日本ペース。3分に大島僚太が高い位置で奪ってラストパス。鈴木のシュートはGKにセーブされた。

 17分、日本はキャプテンの大島に代えて矢島慎也を投入する。4-2-3-1にして中島がトップ下、矢島が左サイドに入った。

 28分には鈴木を下げて荒野拓馬をピッチに送り込んだ。すると直後の30分、荒野が仕事を果たす。左サイドのスペースに送られたボールを受けると、コースを突くシュートを決めてリードを3点に広げた。

 36分にも追加点を奪う。ボールホルダーをどんどん追い越してチャンスを作ると、野津田のシュートのこぼれを原川力が決めて4-0

 40分、野津田に代えて今大会初出場の吉野恭平を投入する。

 試合はこのまま4-0で終了し、日本がベスト8進出を果たした。

 無失点で終えたものの、バイタルエリアでパスを繋がれる場面もあった。コースは消していたため枠に飛ばされるシュートはほとんどなかったが、バイタルエリアまで運ばせない守備をチーム全体で共有したい。

【了】

新着記事

↑top