香川1人では難しい――。最下位に敗北、明確になったドルトムントの課題。待たれる負傷者の復帰

10月4日、ブンデスリーガ第7節。ホームにHSVを迎えたドルトムントだったが、まさかの敗戦。香川真司は先発フル出場、奮闘したが最後まで1点が遠かった。今のドルトムントが抱える課題とは?

2014年10月05日(日)11時54分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

目に見えて向上した香川と周囲の連係

 今季のドルトムントは引いた相手にどう対処するか、という問題にも向きあっていかなくてはならないようだ。

香川1人では難しい――。最下位に敗北、明確になったドルトムントの課題。待たれる負傷者の復帰
香川の周囲との連係は目に見えて良くなっている【写真:Getty Images】

 2014年10月4日、ブンデスリーガ第7節、ドルトムントはホームにリーグ最下位のハンブルガーSVを迎え撃つ。

 ドルトムントのスターティング・メンバーは次のとおり。スタート時の布陣は4-2-3-1である。

【GK】バイデンフェラー、【DF】右SBドゥルム、右CBソクラティス、左CBフンメルス、左SBシュメルツァー、【MF】ボランチにベンダーとケール、2列目は右からオバメヤン、香川真司、グロスクロイツ、【FW】ラモス。香川は1日のCLアンデルレヒト戦に続いて先発出場した。

 香川の周囲との連係は目に見えて良くなっている。香川がボールを持ったときのオバメヤンの動き出しは、以前にも増して早くなった。2分、右サイドの前方で香川から受けようと走り出し、6分、中央でラモスが香川に落としたときに、右サイドへの動きを見せる。

 オバメヤンは香川からボールが出て来る、という前提で動き出している。そしてそれはオバメヤンに限らず、他の選手達も同様である。香川は周囲との連係の確立という段階は卒業しつつあるようだ。

1 2 3

新着記事

↑top