アギーレ監督、初勝利もO.Gの1点に留まり「悔しい」。それでも若手のプレーには「良いプレーをしてくれて満足」

2014年10月10日(Fri)21時43分配信

photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , , , , , ,

アギーレ監督、初勝利もO.Gの1点に留まり「悔しい」。それでも若手のプレーには「良いプレーをしてくれて満足」
ハビエル・アギーレ監督【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 日本代表は10日、新潟デンカビッグスワンスタジアムでジャマイカ代表と対戦して1-0で勝利を決めた。

 就任3試合目で初勝利を挙げたハビエル・アギーレ監督は「これまでと落ち着きは変わらなかった」としながらも「点を取れるチャンスが5、6回あったでの、そこは悔しい」と圧倒的に攻めながらもオウンゴールでの1点に留まったことに悔しさを滲ませた。

 それでも、DF塩谷司やFW小林悠ら代表の舞台で初めて戦った選手たちについては「Jリーグの若い選手が良いプレーをしてくれて満足している」と一定の評価を与えた。

 また、14日にはシンガポールでブラジル戦を控えているため、「今日の試合ほどチャンスが訪れないゲームになるだろう」と厳しい展開になることを予想。そのため、「チャンスが訪れたら確実に決めたい」と気を引き締めた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
フットボールチャンネル03 代表23人が語る 敗北の真実
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.
小林悠(川崎フロンターレ)小学生時代に培った技術が自分の武器を伸ばす
FC東京が本当に強くなるための覚悟

新着記事

↑top