レアル、ジダン氏への謹慎処分で控訴を宣言。仏サッカー連盟による認定書の有効性を主張

2014年10月28日(Tue)12時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

レアル、ジダン氏への謹慎処分で控訴を宣言。仏サッカー連盟による認定書の有効性を主張
ジネディーヌ・ジダン氏に3ヶ月の謹慎処分が正式に下された【写真:Getty Images】

 スペインサッカー競技委員会はレアル・マドリー・カスティージャ(ユースチーム)のジネディーヌ・ジダン監督とサンチャゴ・サンチェス助監督氏に3ヶ月の謹慎処分を正式に下した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 昨季スペイン3部リーグ(セグンダB)に降格したカスティージャの監督に就任したジダン氏は、未だにプロチームを指揮できる監督ライセンスを取得しておらず、正式には助監督登録だった。しかし、事実上の監督として振舞っており、S・サンチェス氏が影武者の役を担っていた。

 この件の予審を担当したアルベルト・ペレス・カルデロン判事は協議委員会に対して両者を3ヶ月間の謹慎処分に科すことを起訴していた。

 これに対して協議委員会のフランシスコ・ルビオ会長は、起訴の内容とマドリー側の申し立て、そしてフランスサッカー連盟の書類を検証して、カルデロン判事が提案した処分をそのまま通達した。

 レアル・マドリーは公式サイトを通じて判決に対しての不満を表し、フランスサッカー連盟が10月13日に送った認定証によって、スペインの3部リーグ(セグンダB)のチームを率いるのは可能だと主張し、可能な限り上訴すると断言している。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

勝ち続ける男モウリーニョ
サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

↑top