EL決勝T進出もチームに不満のモンテッラ「恥ずかしい」

2014年12月12日(金)8時52分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

EL予選突破もチームに不満のモンテッラ「恥ずかしい」
ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督【写真:Getty Images】

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第6戦でフィオレンティーナはディナモ・ミンスクと対戦して1-2で敗れた。

 首位でグループリーグ突破を決めたものの、今大会初めて敗れたチームのパフォーマンスにヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は不満をのぞかせている。

 試合後の会見で「恥ずかしいし、失望している」とこの試合を振り返ったモンテッラ監督は、「強度と集中力が普段の我々に比べて劣っていた」と敗因を分析。

 また、試合開始から24分で交代を宣告したファン・ギジェルモ・クアドラードを「彼は試合に臨む精神状態ではなかった」と非難している。

 クアドラードだけでなく、マリオ・ゴメスも前半のみで交代となった。その起用について問われると「他に選択肢はなかった」と負傷者の多いチーム状況を嘆いた。

 しかし、明るい材料もある。クアドラードと交代でピッチに立った17歳のシモーネ・ピネリが好プレーを披露した。さらにセリエAで全く出場機会がなく、ELが主戦場となっているマルコ・マリンがチーム唯一のゴールを決めて、存在をアピールしている。

 モンテッラ監督も「ミネリは非常に若く未熟だが、大きな可能性を示した。マリンもよくやった」と2人のプレーを称賛した。

 EL決勝トーナメント1回戦の対戦相手は今月15日に決定し、来年2月19日に1stレグ、同26日に2ndレグが行われる。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top