英国人記者が見たパレスチナ戦。4得点にも消化不良「日本は“おもてなし”が大事でしょ?」

日本代表は、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。この試合について、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に話を聞いた。

2015年01月13日(Tue)12時40分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「相手との差がありすぎて紅白戦のような感じ」

英国人記者が見たパレスチナ戦。4得点にも消化不良「日本は“おもてなし”が大事でしょ?」
長友佑都【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。

 この試合について、現地オーストラリアで取材するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に話を聞いた。

――アギーレ監督は、先発メンバーにGK川島、DF酒井高、吉田、森重、長友、MF長谷部、遠藤、香川、FW本田、岡崎、乾を起用しました。

「思ったより手堅い。パレスチナはこの大会で最も弱いチームだけど、アギーレはリスクを負わなかったね」

――立ち上がりから日本がペースを握り、8分に遠藤が先制ゴールを決めました。パレスチナの印象はいかがですか?

「少し緊張しているみたい。アジアカップのデビュー戦だからね。彼らは初めてこの舞台に立つ。そして相手は王者」

――彼らにとっては厳しい条件ですね。では、日本はいかがでしょうか?

「相手との差がありすぎて紅白戦のような感じ。フィジカルコンディションはまずまずだけど、パスの精度がまだまだ。あまり繋げていない」

――パスがつながらないのは、強風の影響もあるのでは?

「それは絶対にある。記者席にも邪魔! チームシートが飛んでなくなりそう…」

――本田圭佑の調子はどうでしょうか?

「FKの威力はあったね。相変わらずオフターゲットだけど…。香川も本田も悪くはないけど、ゲームをコントロールできていない。この相手には支配し続けなきゃ」

――では、調子の良さそうな選手は?

「長友。相手は弱いけど、彼の攻撃への貢献は大きい」

1 2

新着記事

FChan TV

↑top