アジア杯大勝もまだまだ未完成のアギーレジャパン――。岡崎、遠藤らベテランが課題の方向性示す

日本代表はアジアカップの初戦なるパレスチナ代表戦を4-0と勝利で飾った。ゴールラッシュに加えて無失点と幸先の良いスタートだったが、これから先はさらに厳しい戦いが続く。大会を勝ち抜くためには、ベテランの力が不可欠だ。

2015年01月13日(Tue)15時46分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

4-0の快勝もすでに先を見据える本田

アジア杯大勝もまだまだ未完成のアギーレジャパン――。岡崎、遠藤らベテランが課題の方向性示す
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 月曜にニューカッスルで行われた日本代表のアジアカップ初戦は、パレスチナ代表の抵抗も少なく、評価の基準が難しい。

 武藤への卑劣なキックはあったものの、怪我人なしで余裕の勝ち点3。そして3FWのうち2人がゴールを決め、サムライブルーの開幕劇は全てがポジティブに捉えられそうな気配だ。だがここから先は対戦相手のレベルもぐんとタフになる。

 パレスチナ代表は2014年のAFCチャレンジカップを5試合1失点の功績で優勝し、初めてアジアカップの出場権を獲得。彼らは序盤少しトリッキーに仕掛けて相手を惑わせたが、遠藤の8分に挙げたゴール以降は自信を打ち砕かれるだけだった。

「スタートはやや高いテンションで入ったが、試合は自分たちのペースだった。一番大きかったのは先制ゴールを決められたこと」と試合後に岡崎慎司は語った。

「4-0で終わったが、我々は攻撃の質についてもっと考える必要がある。前半にたくさんチャンスを作ったが、後半はそれほどでもなかった。

 以前と比べ、シュートを打つチャンスはあまり多くない。だから自分たちからもっと仕掛けないといけない。中央まで下がる役目は理解しているが、やはり最後に決めるのは自分じゃないといけない。ゴール前でより多くのアクションをとる必要があると感じている」

1 2

新着記事

↑top